PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ジーザスランドのみなさんに朗報

けっこう前(2005年1月)のことだが、ジャーナリストの青木富貴子さん(学校の先輩である)が、論座に「アメリカはいつから『神の国』になったのか」という記事を発表していたことがあった。
確かにNYにいると、アメリカの「神の国」化には、びっくりするときがあるけれど、ミドルアメリカを旅すると、この国はジーザスランドなのよねえ、といつも思ってしまう。
どんな田舎にだって、いろんな宗派の教会があるし、バンパーステッカーにだって、バーのトイレの落書きにだって、必ずGODという言葉を見つけることができちゃうのです。
なんでそんなことを考えたか、というと、最近、NYの街角でも、神がどうとかこうとか、言っている人が増えたような気がするから。
気がする、だけで、もとからいたのに気がつかなかっただけかもしれないが。

今日、地下鉄で見かけたのは、
Jesus is coming back!
と叫んでいた青年。
ほんと?ほんとに帰ってくる?と聞きたくなりましたよ。
ま、私のような人間には、ジーザスが存在したのかどうかもよくわからないし。

それはさておき。
大統領選に向けた世論調査に動きが出て来た。
今日のニュースによると、たとえば今日選挙が行われたと仮定すると、共和党サイドでヒラリーに勝てるのは、マケインだけだという。
つまり、ジュリアーニも、ロムニーもだめってことだ。
そして、逆に共和党の候補に勝てる可能性が一番高いのは、エドワーズらしい。
???である。

ジュリアーニがここへきて、めちゃくちゃ苦戦している。
驚くことでもないかもしれない。
なぜなら、ジュリアーニが今までやってきたことが、共和党支持者の大きな部分を占める、”religious conservatives"という人たちに、人気がないから。
宗教右派のみなさんにとって重要なのは、同性愛者問題とか、中絶問題とか、離婚とか、“価値観”をめぐることである。
個人的には、それと大統領としての資質には何の関係もないような気がするが、ジーザスランドでは大切な問題なのである。
最近まで共和党の世論調査をリードしていたロムニーは異端と言われるモルモン教徒。
ジュリアーニは離婚経験者。
悩みの深いジーザスランドのみなさん。

というわけで、最近のジュリアーニは、なりふりかまわず。
市長時代には、離婚の手続きもすんでないのに、公然とガールフレンドの別荘を訪ねたりしてたわけだし、離婚を控えて住む場所がなくなったときには、ゲイの友達と一緒に暮らしていたこともあるので、今更何を言っても無駄なような気がするが、じたばたじたばた。
びっくりしたのは、先週日曜日のMeet The Pressに登場して、同性愛は罪だと思うかたずねられたときの答え。
It's the acts -it's the various acts that people perform that are sinful.
(罪なのは)人々の行為だ、罪なのは、人々がするいろいろな行為なのだ。

うっそ~、とひっくり返りそうになちゃった。
罪を憎んで人を憎まず的なレトリックであるが。
嫁に追い出された自分に寝る場所を提供してくれたゲイの友達に、これ、言えちゃうんだろうか。
というか、人気取りのために、意見が変わる日和見主義者だって、ヒラリーをぼろくそに言ってたはずなのに。

そもそも私はジュリアーニ、好きじゃないんです。
NY市長時代には、確かに街がきれいになったけど、街をきれいにするために、身分確認もせずに市民を逮捕したり、えええ??って思うことも多かった。
やつがヒーローになったのは、911があったから。
しかし、立候補してから、さらにがっかりすることが多い。
今まで言ってたことを、しゃあしゃあとひっくり返している姿をみると、がっかりするなり。

というわけで、最近はジュリアーニ、旗色が悪い。
と思っていたら、共和党に、強力なダークホースが登場した。
今までほとんどノーマークだったマイク・ハッカビーくんです。
イケメン、弁も立つし、なんてたって、バプティスト教会の牧師ですよ。
もちろん中絶も同性愛も否定している。
ジーザスランドのみなさんが喜ぶわけである。
そしてギターだってひけちゃうんです。
有権者は意外にこんなことに弱いから。

個人的な好みはおいといて、ハッカビー人気急上昇の理由は、このビデオをみるとよくわかる。
ロムニーとジュリアーニが叩き合いに夢中になってる間に、勝負をもってっちゃうのはこの人かもしれません。





スポンサーサイト

| 政治 | 09:26 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

青木冨貴子さん!知り合いなの?すごーい!わたし、著書・訳書はだいたい読んでる、っていうかだんなさまのピート・ハミルが書いたNewYork StoriesがNYとの出会いの原点でした...。NYに生きる(勝手な)日本人女性のイメージは青木さんとヨーコ・オノ。911後はダウンタウンを出てNJかどこかに住んでるんだっけ?会いたいな~

| ai | 2007/12/17 14:37 | URL | ≫ EDIT

知り合いというか、中高の先輩なのである。
お友達が彼女のヘアを担当していることもあり、前にも会ったことがあるのだが、今はなき「EW」でも一度インタビューしたことがあります。
これについてはエピソードもあるのだが、それは今度、個人的に話すわ。
いつも読んでくれてありがとう。励みになりまする。

| YS | 2007/12/18 05:55 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://peoplewatching.blog94.fc2.com/tb.php/95-d97e5abb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。