PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

叩きカルチャー

朝青龍から亀田事件まで、外から見ていると日本の叩きカルチャーってすごいと思う。
そりゃあ批判してしかるべきだと思うが、それにしてもすごい。
事件そのものも面白いけれど、マスコミが一斉に叩きまくるところがすごいなと考えていた。

すごいのは、
1)あげておいて落とす
2)みんなで一斉に叩く
ってところ。

しかし、新聞を読んでいて、ふと、アメリカにもあるじゃん、と思った。
例えば、先日、ブリットニー・スピアーズの新譜のレビューがデイリーニュースに出ていたけれど、これ、厳しい。

If a blowup sex doll could sing, this is what she'd sound like
ダッチワイフ(だよねえ?)が歌えたら、こんな風に聞こえるだろう。

ちょっと前のパリス・ヒルトンも叩かれ代表。
ここ数日は、にわかレッドソックスファンになったジュリアーニが、裏切りもの、と叩かれている。

何が違うんだろう、と考えてみたが、そりゃあやっぱり、ブリットニーが叩かれると、ほっといてやれよ、っていう人が出てくるとこだ。

下のは、ブリットニーのほっといてやれビデオ。
日本でもやってた?


まあこの人の場合、これをネタに自分があがってるわけですが。




スポンサーサイト

| 有名人/セレブ | 20:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://peoplewatching.blog94.fc2.com/tb.php/84-34da5d5b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。