PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

NYで成功するには?

Gawker.comというウェブサイトがある。
ニューヨークのゴシップやニュースのブログ。
2ちゃんねるほどではないが、けっこうに意地悪なサイトである。
人気のサイトなので、たまにみては、うんざりする。
みんな、暇なのよね~、と。

今週のニューヨークマガジンに、このサイトについて書いている記事がでている。
タイトルは、
Everybody Sucks: Gawker and the rage of the creative underclass
みんなひどい:Gawkerとクリエイティブ業界の最下層の憤怒
って感じか。

書いているのは、なんども意地悪を書かれた女性ジャーナリストである。
LAに引っ越したときも皮肉を書かれ、婚約者が太ったと馬鹿にされた女性。
しかもコメント欄がひどい。
この人好きじゃないとか、名前がひどいとか、いろんなことが書いてある。
ああ、いやです。

というわけで彼女の逆襲。
サイトと社長、そしてブロガーたちのプロファイルを書いているのだが、最後の締めくくりがよかった。
Could you be successful in New York without becoming a-- well, a douchebag?
douchebagにならずにニューヨークで成功することはできるのだろうか?

以前、メイクのボビ・ブラウンにインタビューしたときに、NYの女性について話をした。そのときに、彼女が、
才能があるだけでは成功できないし、才能がないのに成功している人もたくさんいるのよ。

と言っていたのを思い出した。
日本でもそうだと思うけど、自分のプレゼンがうまければ、才能がなくても成功できちゃうのである。
自分のプレゼンがへただと、いくら才能があってもダメってこと。
こればっかりは仕方がありませんね。

スポンサーサイト

| ニューヨーク | 04:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://peoplewatching.blog94.fc2.com/tb.php/83-14ba4de1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。