PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

一人は正真正銘の黒人じゃないし、一人は十分に女性らしいとは言えない

昨日の夜、CNNが主催した民主党候補の討論会が行われた。
今回、おもしろかったのは、YouTubeと提携して、一般の人から質問を募って、各候補にぶつけたところ。

一番面白かったのは、タイトルにした今日のヒトコト。
Either one is not authentically black enough or the other is not satisfactorily feminine.
How will you address these critics and their charges if one or both of you should end up on the Democratic ticket in 08?
一人は正真正銘の黒人じゃないし、一人は十分に女性らしいとは言えない。
どちらかが、または両方が08年の民主党候補に決まったら、どうこの批判に対応していくか。

言うまでもなく、これは、ヒラリーオバマに向けた若い男性からの質問。
オバマは、マンハッタンでタクシーに乗ろうとして乗車拒否にあった経験を示唆して笑いをとり、ヒラリーは、「女以外の存在として出馬するわけにはいかないし」とかわした。

昨日の討論会で取り上げられた一般人のビデオはなかなかおもしろかった。
シンプルな質問だけのものもあれば、歌つきのクリエイティブなやつもあったり。
気がついたら、YouTubeが、大統領選でものすごく大きな役割を果たすようになっている。
前回の選挙の主役がブロガーだったとしたら、今回はYouTubeかもしれない。


こんなビデオが登場したり。

オバマくんの陣営には、グーグル世代の若者たちが続々集まっている、という話をどこかで読んだ。オバマは、期待されていたわりには、支持が伸びていない。
これからどれだけ若者にアピールできるかで勝負が決まるかも。
やつが ”black enough"かはおいといて。

今回の討論会の勝者は、CNNとYouTubeだなと思った。
政治に関心の薄い若い人をエンゲイジさせる、ということにある程度成功しているような気がする。
と思ったけど、テレビのコメンテーターが、「(YouTubeが政治で果たせる役割は)お茶の間で行われる会話のなかで、政治についてのものが占める割合程度だろう」と冷めたコメントをしていた。

誰が勝つか、ということはおいておいて、政治に関心の薄い若い人をいかにひきつけるかが、より大きなテーマかも。






スポンサーサイト

| 政治 | 20:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://peoplewatching.blog94.fc2.com/tb.php/62-23028878

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。