PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

”神経衰弱の危険性” ~パリス釈放

アメリカは怒っています。
45日のはずだったパリス・ヒルトンの服役が23日になり、5日もたたないうちに釈放?
どういうことだ。

パリスの言ってることはコロコロ変わる。
裁判が始まる前には、
I think I get in more trouble just because of who I am
(私の人となりが理由で、人よりも厄介なことに巻き込まれるのだと思う。)
なんて、インタビューで言ってた。
人のせい、である。

服役が決まってからも、フェアじゃないとか言ってたパリス。
フェアじゃない作戦がうまくいかなかったからか、一転、「私、がんばる」作戦に。
日曜日のMTVでは、軽罪の人がお金を払えば行ける「pay jail」をやめた理由を、こんな
風に言ってた。
But I declined because I feel like the media portrays me in a way that I'm not and that's why I wanted to go to county, to show that I can do it and I'm going to be treated like everyone else. I'm going to do the time, I'm going to do it the right way.
(メディアが、私のことを事実と違うように描くと感じているから、服役だってできること、そして他のみんなと同じように扱われることを示すために、郡の刑務所に行きたかったから断ったの。服役して、正しい方法でやり遂げるの)

単なる強がりだったみたいですねえ。
”健康上の理由”とかいってますけど、当局の説明”in peril of having a nervous breakdown”(神経衰弱の危険性)が釈放の理由になっちゃうところが笑える。嫌なことをするのが罰なんじゃないのか。

そういえば、われらがアニキ、ICE-Tが、パリスに実刑判決が出た頃、こんなアドバイスをしてた。
If I was her, I would hit someone the second I got in there and go into PC, protective custody. Then she's just got to sit in there and read some books
(オレがパリスだったら、着いた瞬間に誰かをなぐって保護拘置房に入れてもらうね。そしたら座って本でも読んでればいいんだから)
誰かを殴る勇気もなく、泣いてばかりいたようです。

それにしてもこのまま在宅服役が許されるのだろうか。
裁判所もアル・シャープトンも怒ってるぞ。
アル・シャープトンは、公民権運動の指導者だけど、パリスの自宅前でデモをやるために、ロスに向かっているんだそうだ。
何度もつかまって、ハンガーストライキをやったこともあるアル。
がんばれ、アル。

ちなみに、これからニコール・リッチーも、リンゼイ・ロハンも、裁判が待っています。
アメリカのタブロイドは、「ばかねえ、セレブ」みたいな論調だけど、飲酒運転は深刻な問題じゃなかったっけか。
ニコールなんて、反対車線を走ってたんだぞ。
これじゃあ、セレブのばかっぷりに拍車がかかるばっかり。
誰かなんとかしてください。
スポンサーサイト

| 有名人/セレブ | 11:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://peoplewatching.blog94.fc2.com/tb.php/48-c4bccf13

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。