PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ブルームバーグとイエローキャブと大統領選

NYのブルームバーグ市長が、2009年までに、イエローキャブをすべてハイブリッドにするという計画を発表した。
この措置は強制らしく、ドライバーたちからの反発は予想されるけれど、NYに走るキャブの13000台がハイブリッドになるとしたら、長期的には良いことに違いない。

ブルームバーグが市長になったばっかりの頃は、レストランやバーでの喫煙を強制的に禁じたときの「市民の健康を気にかけてるのだからありがたく思え」的な態度に、「市長にあれこれ言われたくない!!」と腹が立ったが、慣れてくると、実行力のあるヤツに見えてくるから不思議である。
民主的でないような気もするが、民主的な手続きで再選されたわけだから、しょうがない。
そのうえに、この人がNYからもらっている給料は年に1ドル。
ビリオネアですからお金はいらないといっても、市長職をただ同然でやっているのだから頭が下がります。

そんなブルームバーグが、CNNのインタビューに答えてこう言っていた。
we are not going to sit around and wait for Washington to do something about the air we breath.
われわれが吸う空気について、ワシントンが何か措置を取るのを待つつもりはない。

ワシントンの環境政策は言ってみればジョークみたいなもんだから。
ちょっと遅い気もするが。

ちなみに、ブルームバーグが、無党派として大統領選に出馬するのではないかという噂はいまだにまことしやかにささやかれている。
すればいいのに。
2大政党を震撼させることができる政治家がいるとしたら、この人かもしれないし、そしたら政治がもっとおもしろくなるのに。


スポンサーサイト

| ニューヨーク | 06:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://peoplewatching.blog94.fc2.com/tb.php/42-470ffa64

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。