PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

グラミー賞、Avatar、そしてHurt Locker

長い間、ご無沙汰してしまいました。
新年はやる気あったのにな、どうしたんだろう。
Twitterのせいかな。
全く更新していないのに、みにきてくださるみなさん、ありがとう。
これからはもうちょっとがんばります。

週末、グラミー賞を見た。
この手の賞番組(グラミー、オスカー、エミー)って、なんか見ないといけない、みたいな強迫観念がある。
やっぱり、職業柄、流行っているものは知っていないといけないような気もするし、あとでネットや新聞でみても、いまひとつ何があったのかわからないので、なかば義務感で見ている。
特に今年は、マイケル・ジャクソンのトリビュートもあるしな、という言い訳もあって、たまたま自宅にいたので全部ばっちりみたのである。

結果、めっちゃ脱力した。
女性陣の衣装をとっても、誰が一番注目されるかコンテスト、または誰が一番裸に近いかコンテストみたいなことになっていて美しいと思えないし、だいたい評価されている音楽の意味がほとんどわからないし、あがった瞬間といえば、スティービー・ニックスやスラッシュがでてきた瞬間だけで、自分の年を再認識しちゃったりして、ようは自分がどんどんメインストリームをわからなくなっていることを確認するだけの作業になってしまったのでありました。

そして、今日、アカデミー賞の候補が発表になりましたね。
私は映画をまめに見ているほうだとは決していえないと思うのだが、たまたま本命の「Avatar」は昨日の夜かなり遅れてみにいったし、大穴の「Hurt Locker」は先週DVDでみたところであった。

ちなみに「Avatar」の予告をみたときには、「あほか」と思い、レビューを読んで「宗教くさい」と思い、見なくていいだろ、と一度は思ったが、あまりに周りの人々が「絶対行ったほうがいい」というので、ついに劇場まで行ったわけです。
ほら、見ないであれこれいうの、よくないと思って。

いや、確かによくできてますよね。
3Dも、グラフィックも確かにすごい。
夢中でみたし、2時間半あっというまではあった。
が、既視感はあるし(ラピュタ?)、ストーリー展開もなんか無理がある気がして。
最後の感動させるためのシーンではつい吹き出しそうになってしまい、なんとかぐっとこらえたが、遠くで笑い声が聞こえてほっとするありさまである。

でも何が苦手かといって、あのこれでもかこれでもかと言わんばかりのメッセージ性が苦手。
ジェームス・キャメロンはもちろん彼なりの信念をもってあの映画を作ったのだろうし、なんなら言っていることは正しいのだろうとも思う。
ただメッセージ性が強い映画に、軽くうんざりしはじめたのかもしれない。

ちょっと話は離れるけど、今日地下鉄のホームでハンドバッグの中身をぶちまけてしまった。
すかさず所持品を拾うのを助けてくれたヒスパニックのおじさん。
そして、私たちが電車に乗り込めるように、ドアをおさえてくれている白人のおじさん。
電車に乗り遅れることもなく、ニューヨークって、こういうのがいいのよねー、なんておもいつつ、二人にお礼を言ったら、ヒスパニックのおじさんが「グッド・チームワークだったよね」と言う。
今度は白人のおじさんが「We are The United Nations」という。
はは(苦笑)、とにかくありがと、といって会話を終えようとしたら、
「We are The United Nations」と、またしつこくいうのである。
ついビッチーに
「I heard you the fist time」なんてむっつりいっちゃったけど。
これ、ジェームス・キャメロンに軽く感じてしまう違和感にちょっと似ている。

そして「Hurt Locker」。
こっちも、ちょっとどうなの、その陳腐なセリフは、と突っ込みを入れたくなる場面はちらほらあったものの、全体的にはすごく良かった。
良かったのは、たぶん淡々としているからだと思う。
戦場にいる登場人物を追っているけれど、それについてどう思うかはオーディエンスが決めればいい、みたいな距離感が新鮮だった。
そしてあとになってから、低予算だったこととか、女性が監督(しかもキャメロンの元嫁)だということを知って、ますます感心したわけである。

オスカーの候補リストをみていて、この2作品が、ノミネーションの数でトップを争っていることがなんだか象徴的な気がしました。
(ちなみにグラミーを見ていると、音楽業界の主流でこういう対決が見られること自体がもうなくなってしまったような気がしてむなしい)
そして、アンダードッグである「Hurt Locker」にがんばってほしい。
どれだけ結果は見えていても。












スポンサーサイト

| カルチャー | 15:00 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://peoplewatching.blog94.fc2.com/tb.php/340-85798c1e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。