PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

米アート業界の「ゲーム・チェンジャー」

昨日、ツイッターにも書いたのだけれど、ダイチ・プロジェクツのギャラリスト、ジェフリー・ダイチ氏が、ロサンゼルス現代美術館のディレクターに就任する、というニュースがアート業界を駆け回った。
一人で家にいたのに、声をあげて騒いでしまった。

アート好きな人ならわかると思うけれど、同じアートを見せる場所とはいえ、ミュージアムとギャラリーでは、起源も運営の仕方も、存在意義も違うわけで、「NYのイケてるギャラリスト代表」みたいな存在だったダイチ氏が、公的資金で運営される美術館のディレクターになる、というのは、大ニュースなのです。

ちなみに、“ニューヨーク・マガジン”の評論家ジェリー・サルツ氏は、ダイチ氏のディレクター就任を「ゲーム・チェンジャー」と書いている。
ロサンゼルス・タイムスの記事は、「Why does the Museum of Contemporary Art’s board of trustees dislike art museums(なぜロサンゼルス現代美術館の役員たちは、美術館を嫌うのか?)」と疑問を投げかけている。
ま、反応を書き連ねるとキリがないのだが、アート系のブログを読んでいても、「それっておかしくない?」とか「利害の衝突じゃん」というような反応が多い気がする。

今日、たまたまギャラリストで音楽もやっている、という友達とご飯を食べた。
そのときに、ダイチの話題はさておき、音楽業界とアート界、ファッション業界で、商業主義が一番汚いのはどこか、という話題になった。
「まあ、どこもそんなに変わらないんじゃないか」というようなことを言っていたら、でもやっぱりアート界は、商業主義だけじゃないと思うんだよねー、と彼女が言った。
でも、ダイチが現代美術館のディレクターになっちゃう世の中なんだよ?
と私が言ったところ、彼女は、
「そうはいっても、お金にならないアートを発表できる場(たとえば売ることのできないインスタレーションとか)もあるし、お金と関係のないところでアートを振興しようと日々努力している公的機関はまだまだあると思うんだよね」。
と、しばらく議論してみたのだが、もちろん結論なんか出るはずもなく、この問題については、もう一度お互い考えて、また後日話し合おう、ということで今日はお開きになった。

というわけで、ダイチ氏が、ミュージアムとアート商売の間にあった境界を超えた今、何がどう変わって行くのかとても気になります。
アートやファッション、プロダクト、デザインといった違う分野の間にあった境界線がどんどん薄くなって久しいし(特にニューヨークみたいな場所に住んでいると、それをひしひし肌で感じる)、それによって良いこともあるし、悪いこともある。
でもやっぱり、変わらないべきものもあると思うのです。
ダイチ氏の就任は、もう決まってしまったことなので今さら誰が何を言ってもしょうがないが、ミュージアムはアートを購入できない一般市民のためにある、というコンセプトが変わらないといいなと思います。
スポンサーサイト

| アート | 12:07 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://peoplewatching.blog94.fc2.com/tb.php/339-f20f01ad

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。