PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

三谷幸喜さんのNY公演について考える

ちょっと前のことになるけれど、私の周りの在ニューヨーク日本人が何人も、三谷幸喜さんの舞台「Talk Like Singing」を見に行っていた。
最初に断っておくと、私はこれ、見てません。
余裕がなかったこともあるし、その前の週あたりから、空席が目立つと困るので、行く人いませんか?というようなメールがいろんな方面から転送されてきて、行く気がうせてしまった、ということもある。

そして、見に行った人たちの評価は、あんまり高くなかった。
厳しいところでは、「学芸会か」というようなものもあったし、わりと好意的なものでも、「おもしろかったけれど、アメリカ人には伝わらないと思う」という感じだった。

私は見ていないので、内容について、あれこれいう資格はありません。
(ちなみに、すごく丁寧に書いている人がいて、これをお友達が転送してくれた。

日本のマスコミは、大々的に、かつ「快挙」とか「成功」とか、ポジティブな言葉をつかってとりあげていたけれど、地元メディアのカバレッジはほとんどなし。
上のブログにも書いてあるけど、NYポストが、とても厳しいレビューをのせたくらい。

これについてあれこれ読んでいるうちに、なんだかとてもがっかりした。

日本からニューヨークにやってきて、やっぱり日本の文化ってすごいと思うこと、多い。
ファッションにしても、文学にしても、アートにしても、世界の舞台にのせて、きちんと勝負できるものってたくさんあるんです。

そうはいっても、ニューヨークは世界中からやってきた人が、ベストのものを見る場所でもある。
たとえば、ミュージカルや舞台だったら、田舎の小さな劇場からはじめて、観客の反応をみながら、脚本や演技に磨きをかけつつ、長い時間をかけて、ブロードウェイを目指したりするわけです。

今回のケースでいえば、短い公演のために、日本からキャストやスタッフを送り込んで、きっとたくさんの資金を投入して、ニューヨークにもってきたのだろうと思う。
そして、日本を代表する才能ってことになっている三谷さんをつれてきた。
でも、だったらなおさら、もうちょっと別のやり方があるんじゃないかと思う。

こちらにきて10年以上の間に、日本からやってきたいろんなアートや音楽、それにショップやレストランが、ニューヨークに進出するのをみてきたのだけれど、実力があって、きちんとニューヨークに対して勝負しようとしたものは、正当な評価をうけるもんだなと思ってきた。
一方、お金で買うようなやり方は、やっぱりうまくいかないし、うまくいかなくて撤退する日本ビジネスもたくさん見てきた。

なんかものすごくもったないことが起きたような気がする。
そして、マスコミについていえば、厳しくしないことだけが愛情じゃないと思う。

というわけで、今回のことは、舞台を見てないなりに、いろいろ考えさせられたのでした。
こんなこと書くと、「見てないのに言うな」と怒られそうだけど。
スポンサーサイト

| 不思議の国ニッポン | 07:19 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://peoplewatching.blog94.fc2.com/tb.php/333-8278b4c9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。