PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日本とドラッグの不思議な関係 パート2

のリピーが逮捕されたときから、あるだろうとは思っていたが、その後の激しい魔女狩り。
あまりにばかばかしいので、こんなブログを書くのもどうかと思っていたが、だんだん看過できない感じになってきた。

事務所が検査をしたりするのも、CMなんかにからむ経済的なリスクを考えるとわかる。
警察が調べるのもわかる。
でも、どの芸能人が”クサい”か騒ぎ立てるマスコミを見ていると、ほんとにげんなりする。

ちなみに一番びっくりした記事はこれ
高校生のときにクサを吸っていた、と「告白」した高城剛氏のことを、「きな臭い証拠がそろっている」と決めつけるの、どうですか。
こういうことを書いたり、報道したりするために使われているリソース、無駄な気がします。
ま、読みたいと思う読者がいるのだろうから、まったく無駄ではないのかもしれないけれど。

ちょっと前に、テレビでオリバー・ストーンのインタビューを見ていたら、ビル・マーに
「あなたの映画には、麻薬がよく出てきますね?」
と聞かれたストーンが、
“ I wouldn’t be here if it weren’t for drugs”
(麻薬がなかったら、今ここにいないよ)
と言っていた。

だからと言って、オリバー・ストーンの家に家宅捜査が入った話なんて聞かないし、誰も騒ぎ立てない。
この間、死んでしまったダッシュ・スノウが、ヘロインにはまっていたことは、相当多くの人間が知っていたと思うけれど、だからといって、大騒ぎしたりしない。
だから死んでしまった、ということでもあるのだが、そういうことも含めて、自己責任でやれよ、ということなんだと思う。
もっというと、オリバー・ストーンが言うように、麻薬の存在がなかったら、この世の中に出てこなかったはずのものがたくさん、たくさんあるのである。

高城剛さんが、覚醒剤やってたとしても、誰にも迷惑かけたわけじゃないだろ、と思うのはおかしいのかな。
のりピーは、逮捕されて、イメージが悪くなりました、仕事がなくなりました、というのは自己責任ってことで、そろそろ魔女狩りは終わりにしませんか。

スポンサーサイト

| メディア | 08:19 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://peoplewatching.blog94.fc2.com/tb.php/324-bb10859b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。