PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

鳩山首相の国連スピーチ

ちょっと時間が経ってしまったのだが、やっぱり突っ込みたくなったので書いてしまいます。
鳩山首相の国連での演説。
ざっとみたところ、国際社会からの反応もよく、国内からの評価も高いようす。

が、どうしてもひとつ突っ込みたいところ。
Japan will make utmost efforts to become a 'bridge' for the world, between the Orient and the Occident, between developed and developing countries and between diverse civilizations,

日本の政治家が大好きな「架け橋」論。
いいと思うんですけどね、コンセプトは。
古いけど。
しかし、一番気になるのは、オリエントとオキシデントってところである。
オリエントも、オキシデントも、久しぶりに聞きました。
こんな言葉、いまだに使うんだ~とびっくりした。

ちなみにアジアのことを、オリエント、という人は最近ではほとんどいません。
私が会社員時代に経理のおっさん(65歳くらいだったと思う)が、「君らオリエンタルは・・・」みたいな話をしたときに、システム担当の20代白人男子が、「オリエンタルっていう言葉は、絨毯とか壷を指す言葉。人をオリエンタルと呼ぶのは失礼だ!」と怒っていたのを思い出してしまった。
ちなみに、私としては、「いや、でも差別的な意味合いはないんだから、いいんじゃないの?」と言った覚えがあります。

ネガティブな意味合いはないのです。
でも、古いよね。
誰が書いたのだろう、あのスピーチ。
ま、内容が評価されたのであればいいと思うのですが。

それにしても、気になる温室効果ガス削減問題。
25%なんて、大きな風呂敷広げちゃって大丈夫か。


スポンサーサイト

| 時事 | 13:48 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://peoplewatching.blog94.fc2.com/tb.php/321-f7c309de

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。