PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

テロ戦争がいつの間に終わってたなんて・・・

一時期、ものすごい頻度で耳にした言葉に、「war on terror」というのがあった。
覚えていますか。
ブッシュが毎日のように唱えていたマントラである。

が。
昨日の夜中、またもやへろへろになって、ビル・マーのショーの再放送を見ていたら、なんと、その「テロ戦争」が、静かに終わっていた、とビル・マーがいうではないですか。
びっくりして、へろへろが急に冷めた。

で、調べてみたら、要は、オバマが「war on terror」という言葉を嫌って、別の呼び名を用意したということらしい。
その名も、「Overseas Contingency Operation」。
つまり、「海外で不慮の事態が発生した場合に備えての作戦」ということである。
「テロ戦争」と比べるとものすごい違いである。

で、ビル・マーがわざわざ番組で言ったくらいだから「テロ戦争」の終わりは、最近のことだろうと思い、調べてみたのだが、関連記事が見つからない。
ようやく見つけたのはこれ
しかし、この記事を書いた人も、「え?いつのまに終わってたの?」という具合である。

というわけで、テロ戦争は、どうやら3月に終わっていたらしい。
ワシントン・ポストによると。

こんなことってあるんだなー。
全然気がつかなかった。
これだけ情報があふれているのに、意外に肝心なことは知らないで進んじゃったりする。
知らなかったのは私だけかと思って何人かに聞いてみたけれど、知っていたのは一人だった。

ちなみに、この「war on~」という言い方は、古くからアメリカの政府に使われて来たプロパガンダの常套句のひとつである。"war on poverty"というのもあったし、"war on drugs"もあった。
好戦的だし、カウボーイ的でかっこわるい。

実際のところ、「テロ戦争の終わり」が何を意味するのかはよくわからない。
テロが終わった、ということではないだろうし、な。
が、少なくとも、ブッシュのプロパガンダが少しずつ修正されている、ということなのかもしれない。
スポンサーサイト

| 時事 | 14:24 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://peoplewatching.blog94.fc2.com/tb.php/311-dcf9c0ad

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。