PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

モノ作りとファッションの断絶

先週のことになるのだが、オブザーバー(observer)紙に、CFDA(ファッションの業界団体)が開いた"タウンホール・ミーティングの様子が">タウンホール・ミーティングの様子が書かれていた(この記事が出たのは紙版だけみたい)。
議長のダイアン・ヴォン・ファステンバーグとか、ヴォーグのアナ・ウィンターさまとか、蒼々たる顔ぶれが出席して、ファッションの未来を討論したらしい。

言うまでもなく、ファッション業界は、ニューヨークの一大産業である。
ネットのおかげでコレクションの模様が開催と同時に世界を駆け回り、コピー商品があっという間に作られ、シーズンが始まるそばからセールが始まる、おまけに不景気で消費者が支出したがらない、という状況をどうするべきか、そんなことが話し合われたらしい。

そこでアナさまが
"Could someone lead a committee that would make ground rules for retailers of when the discounting starts, and then all of the retailers can agree to it?"
と言い、ダイアン・ヴォン・ファステンバーグに
"That is illegal!"
とたしなめられたと書いてある。
おかしくて笑ってしまった。
いくらファッションの世界を支配できても、そこまでは支配できないんですよってね。

確かに今年の値下げの様子を見ていたら、末恐ろしい気持ちにはなった。
セールが始まるのは早かったし、始まってから、おそろしい勢いで値段が下がった。
消費者にとっては良いことかもしれないけれど、業界からするとたまらないだろう。
でも、こんな状況ができたのは、リテーラーやネットや不景気のせいだけではないと思う。
モノのクオリティと値段の間に断絶がある。
何百ドルもするものの縫製が悪かったりして、どんなにかわいくてもしらける、みたいな経験はありませんか。
デザイン性で売ってるんですから、と開き直られているような気がして冷めるのである。

この週末、しばらく前にやったリーバイスの工場の取材の原稿を書いていた(ROCKSという雑誌に出ます)。
リーバイスの工場を訪ねて、デニムが糸からできるところを見せてもらった。
これだけたくさんの人の手を通り、これだけ時間をかけて作るデニムが、ジーンズになると何十ドルになってしまう、そんなことを考えたら、なんだかものすごい違和感を感じた。
大量生産の工場で作られたてろてろで裾がほつれたドレスが1000ドルして、こんだけ手間ひまかけたモノが100ドル以下ってなんだかなあ、って。
当たり前だけど、ファッションと衣類を作ることは同じじゃない。
ファッションとモノ作りの基本をきちんと踏襲しているブランドもあるけれど、そうでないブランドのほうが多くなってしまった。
景気が良いときは、それでも良かったかもしれないけれど、厳しい世の中、消費者の目も厳しくなる。しかし、時計の針をもとに戻すようなわけにはいかないのです。

これまた最近、別の取材で、ニューヨークのBESSというブランドを取材した(こっちはvogue hommeに出ます)。
ヴィンテージのデニムやコンバースといったアイコン的な商品をカストマイズしているブランドである。
デザイナーと話していたら、1枚のものをしつこく毎日着て、自分のオリジナルにしていくという、パンクの精神は、ある意味、究極のエコなんだよな、ということに気がついた。
世の中、エコ・ファッションは、オーガニック・コットンばかりに注目しているような気がするけれど、そもそも作るものを減らして、もうできているものを使う、という精神のほうがずっとエコかもしれない。
そうするとモノが売れないから、業界的には困ってしまうのだろうけれど。

リーバイスもコンバースも、私にとっては、ルーツのようなものである。
古着に夢中になっていた若い頃を思い出したら、ちょっとセンチメンタルな気持ちになったりして。
ついつい流されて必要じゃないのにモノを買ってしまう自分だけど、クオリティの悪いものにはお金を出さない賢い消費者でいたい。
消費者が買わなければ、悪いものは淘汰されていくはず。
不景気が終わったときに、ファッションの世界がどう変わっているかを見るのがちょっと楽しみである。
何も変わらないかもしれないけれど。








スポンサーサイト

| ファッション | 19:08 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://peoplewatching.blog94.fc2.com/tb.php/305-c84a7570

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。