PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

racial profilingとジャパ専問題

この間、ちらりと書いたハーバード大学の黒人の教授(ヘンリー・ルイス・ゲイツ教授)が、自宅なのに強盗と間違えられて逮捕された事件は、その後も尾をひいていて、やっぱり人種問題は、この国の抱える一番大きい痛みなのかなと思ったりする。

あまりにこの件についての報道やコラムが多いので、逐一読んでいるわけではないのだが、カギは、「黒人だったから逮捕されてしまったのかどうか」という点で、またもや「racial profiling」という言葉をよく見かけるようになった。
アルクの辞書にはこう書いてある。
「人種的分析{じんしゅ てき ぶんせき}◆犯罪捜査に際して、容疑者像の絞り込みに人種的要素を加味すること」
つまり、黒人、ヒスパニックだから、悪いことをしているに違いないとか、アラブ系だから、反米思想を持っているに違いないとか、そういうことである。
昔から黒人は圧倒的に、「racial profiling」の対象になってきた。
ヒスパニックもターゲットになりがちだし、911以降は、アラブ系の外見の人たちがターゲットになるようになったりして。
そう思うと、アジア人の女性である自分は基本的にノーマークなわけである。

こんな問題について考えているうちに、はて、なんか似たようなことないか、なんて思ってしまった。
それは、最近、とみに私の周りの日本女子の間で話題になっている「ジャパ専/アジ専」問題である。

ニューヨークで(またはアメリカで)シングル女性をやっていると、「ジャパ専/アジ専」と遭遇することがある。
バーとかで、どこからともなくあらわれて「コンニチワ!」とかいう類の輩である。
さらに、日本文化を理解していると思っている男が多いのでタチが悪い。
英語では、「Japanese only」 「Asian only」と呼んでいます。
(もちろん、アジア人女性とつき合っていて、このカテゴリーに入らない男もたくさんいるけど)

こういう男たちをきもいと思ってしまうのは、間違いなんだろうか、とずっと思ってきた。
しかも、この手の男子を、非アジア人男性の前でこきおろすと、必ず反撃にあうのです。
「そんな浅い男にひっかかる女も悪い!」
「日本人女子にも、アジア人女子にも、いるだろーが、白人としかデートしないやつらが!」
ということになってしまうのである。

そういう反撃にあうたびに、なんか納得いかない気持ちをもちながらも、うまい反論が出てこなかったために、まあ、そりゃあそーなんですけどね、なんてもごもご言っていたのだが、こりゃあもしかして、「racial profiling」と一緒じゃないか、ということに気がついた。
ジャパ専、アジ専の男子が選びがちな女の子には、タイプがある。
とにかくにこにこしていて、口数は少なく、男の横でひたすら相づちをうったりするようなタイプである。
ってことは、これだって一種の人種のステレオタイプではないですか。
そう思ったら、ジャパ専、アジ専を、間違ってる、と思ってしまう自分を許せるような気がしてきた。

もちろん、「racial profiling」は深刻な問題である。
勤務時間外の黒人の警官が、勤務中の警官に間違えて撃たれてしまう、なんて事件もある。
そういうことに比べたら、私たちが、外で、「コンニチワ!」とか言われて腹を立てていることなんて、屁でもない。
が、本質的には、同じところからきているような気がする。
次に反撃にあったら、この手で反論してやろうと思います。
スポンサーサイト

| 番外編 | 09:43 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://peoplewatching.blog94.fc2.com/tb.php/304-88dbd000

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。