PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アメリカで一番グリーンなホテル

ノースキャロライナの旅で、「アメリカで一番グリーンなホテル」を自称するホテルに泊めていただいた。
ソーラーパネルを使ったり、リサイクル資材で作られていたり、リサーチしてみると、そのエコっぷりがなかなか本気なことがわかる。
デザインもなかなかだし、サービスも文句なし。
全体的にとても素敵なホテルだった。

その日、取材先のおじさまとの雑談のなかで、「eco-anxiety」という言葉、知ってる?と聞かれた。
(その会話は、全然違うところから派生したものだったのですが)。
環境のことを調べているうちに、車を使うことはいけないのではないか、と地球の将来を不安に思ったり、自分のライフスタイルに罪悪感を感じたりすることについて言うらしい。
リサーチしてみたら、こんな記事を発見した。

とかくアメリカ人は「~症候群」という言葉を使いたがるのだが、「eco-anxiety」の症状については、私もちょっぴり思い当たることがある。
ニューヨークに住んでいる自分に矛盾を感じることは多々あるし、山にこもりたいと思う衝動を覚えるときもある。
水道の水を飲みたくないので、自宅/オフィス用にミネラルウォーターを飲んでいるのだが、それをするために電力を使っているわけだし、配送にガスがかかるわけです。
罪悪感を感じつつも、人間は矛盾の存在だから仕方ない、と諦めてしまう自分がいる。

ちなみに、「アメリカで一番グリーンなホテル」は、冷凍庫のように寒かった。
そして、アメニティは、使い捨てのプラスティックボトル。
夏が進むにつれて、自分の家以外の屋内が、どんどん冷凍庫のように冷えていく。
体感温度が違うといっても、空調の温度設定をちょっと上げるだけで、かなり省エネになるんだけどな、と思ってしまう人間は、アメリカではまだまだマイノリティである。
どっちにしても「これまでのやり方」を変えるには、相当時間がかかりそうですね。
スポンサーサイト

| 旅先から | 07:48 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://peoplewatching.blog94.fc2.com/tb.php/300-68cd36ab

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。