PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マイケル・ジャクソンの訃報

木曜日の夜、知人のビデオのインスターレーションを見に出かけた先で、マイケル・ジャクソンの訃報を聞いた。
みんなパーティそっちのけで、マイケルの話をしている。
マイケルが死んだ、という内容の電話やテキストメッセージが飛び交っている。

次に出かけたギャラリーのオープニングでも同じこと。
(ちなみに、そのグループ展のタイトルは、「We are all going to die」だった。ショーのタイトルとしてはかなり微妙だと思ったのだが、皮肉なことに絶妙なタイミングになってしまったわけである)。

そのあとの夕食の席でも、飲みの席でも、同様。
ニューヨークで、「MJ」というイニシャルが、マーク・ジェイコブスではなく、マイケル・ジャクソンを指している状態が新鮮だった。
「黒人だった頃はかっこよかったよね」とか、中学生のときポスターを張っていたとか、どの曲が一番好きか("ビリージーン”という意見が一番多かった)、ペプシのコマーシャルは最高だった、なんて話で盛り上がった。

出かけた先で、趣味趣向に関わらず、誰もが誰かが亡くなったという話に夢中になっている、という状況がなんとなくデジャブっぽくて、前にこういうことがあったのはいつだっけ、と考えてみたのだが、たぶん、アメリカにきて1年目にダイアナ妃が亡くなったときだったろうと思い返してみた。

私世代の音楽好きななら、マイケル・ジャクソンは一度は通った道だと思う。
私より若い世代の人たちは、単なるフリークだと思っているかもしれない。
でも、ほんとにかっこよかった時代があったのである。
奇人ぶりが度を超してしまって、あれだけすごかったダンスや歌から注意がそれてしまったのがなんだか残念。
ここ10年くらいは、マイケル好きだったよね、って言いにくい雰囲気あったもん。
思い返してみれば、私だって、自分のお小遣いで最初に買ったレコードはマイケルだったような気がする。

しばらくはこの騒ぎが続くのだろう。
もしかして、今までナゾだった部分が明らかになるかもしれない。

最後に、友達が教えてくれたティーン時代のマイケルのビデオ。



"I don't care if I am pretty at all"
"We don't have to change at all"
なんてマイケルが歌ってる。
子ども時代に大スターになったのに、どこで黒人であることはクールじゃない、白人になりたいと思ってしまったのだろう。
全米の子どもたちには、「変わらなくていいよ」と歌っていたのに、マイケルに「君はそのままでいいよ」って言ってあげた大人がいなかったのかもしれない。
そう思うと、jacko から転じて、wackoと呼ばれた天才の悲しみがちょっとわかるような気がするから不思議である。
スポンサーサイト

| 有名人/セレブ | 03:44 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://peoplewatching.blog94.fc2.com/tb.php/292-fc7bc830

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。