PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

中東和平問題とユダヤ人の抗議団体

ワシントンのホロコースト・ミュージアムで88歳の白人至上主義者が発砲事件を起こした翌日、犬の散歩をしていたら、国連前に抗議をしているユダヤ人の団体を見かけた。
黒い服に、帽子をかぶった見るからにオーソドックス(原理主義)のみなさん。
何に抗議をしているのだろうと思ったら、彼らが持っている看板には意外なことが書いてあった。



どうやらイスラエルという国家に反対らしい。
自分の嫁以外には触ってはいけないらしいのだが、興味があったので、「フライヤー、あります?」と話かけてみた。
目は見てもらえなかったけど、フライヤーはもらえました。

フライヤーによると、彼らが解釈する「トラー」の教えでは、ユダヤ人は国家を持ってはいけなくて、他人の人権を侵害してはいけないことになっているのだという。
ユダヤ教の解釈にもいろいろあるのですね。
そうはいっても、国連前のプロテストの規模は、多く見積もって30人くらいだったから、おそらく少数派なのだろうと思うけれど。
ちなみに、この人たちの団体のウェブサイトはここ

オバマ政権のアジェンダの一つである中東和平問題の行方が気になる今日この頃。
人が2人以上集まれば、どれだけ小さな問題でも合意することが難しいときがあるのに、これだけセンシティブで、長くもめてきた問題を解決することなんかできるのだろうか、と心配である。
しかし、こういう団体の活動の話をほとんど耳にすることはない。
まだまだ知らないことが、たくさんあるのです。
スポンサーサイト

| 時事 | 06:33 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://peoplewatching.blog94.fc2.com/tb.php/288-b62822bd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。