PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ソトマイヨール判事とEMINEM

私事になるが、先週、人生2度目の断食にチャレンジしてみた。
年明けの断食で、すっかり生まれ変わったつもりだったのに、また暴飲暴食が続き、体が重く感じられるようになったので、夏の前にもう一度!とやってみたのでありました。
が、さすがに都会で普段の生活をしながらの断食は辛かった。
いろんな方向から食べ物の匂いがするし、やっぱり出かけた先で周りが飲んでいると、飲めない自分が苦しいし。
というわけで、予定日数に達する前に切り上げた今回の断食の成功度は50%くらいか。

断食の序盤は、カフェインが切れるため相当ぼんやりします。
大ニュースが次々と起きてもいまひとつ頭がまわらない。
最高裁判事にソニア・ソトマイヨール連邦高裁判事が指名されたことがわかったときも、ぼーっとしていたのだが、その段階を通り越し、断食を終えて普通の生活に戻った今も、ニュースの世界では、ソトマイヨール判事が議会の承認を受けられるか、という問題で盛り上がっている。

そして、ソトマイヨール判事が過去にした
「I would hope that a wise Latina woman with the richness of her experiences would more often than not reach a better conclusion than a white male who hasn't lived that life」
という発言が、人種差別的かという問題が特に大きな火種となっている。

聞いているだけで、もういいじゃん、とげんなりします。
有名なことだけれど、ブロンクスといえば、全米でも有数の治安の悪い場所である。
しかも、数十年さかのぼれば、ヒスパニック系が何か悪さをすると、「プエルトリカン」だと決めつけられた時代があったような場所である。
そんな時代にそんな環境でプエルトリコ系移民の子供として育ち、高裁の判事までのぼりつめた、しかも女性に対して、白人のエスタブリッシュメントのおじさんたちが、「人種差別者だ」と怒っている構図自体に苦笑い。
確かに、「苦労が多い=法的に良い結論を下せる」というのは短絡的だし、憲法という概念からいうと、望ましくない発言なのかもしれない。
でも、現実だもんなー。
自分が犯罪者で、選択肢を与えられたとしたら、私だって絶対プエルトリカン女性の判事のほうを選ぶと思う。

自分は「日本人で女性」というアイデンティティを持っているわけで、それを嫌だと思ったこともないが、アメリカ社会において、「日本人で女性」というアイデンティティよりもスタート地点が先にあるアイデンティティの組み合わせもあれば(白人男性とか)、スタート地点が後ろにあるアイデンティティの組み合わせもあるわけです。
もちろんそれは業界によって変わってくることもある。
たとえばバスケットボール業界やヒップホップの世界のように、黒人のほうが白人よりも生きやすい場所も確実にあるのだけれど、でもやっぱりメインストリームの大半では、たとえば法曹界のように、白人男性のほうがプエルトリカン女性よりも生きやすい場所が圧倒的に多い。
って、いうことには、気がつかないんだろう、議員のおじさんたちは。
これから議会の審議まで延々この話題が続くかと思うと、げんなりである。

ところで、すっごく話が飛が飛ぶのだが、今日、MTVムービー・アワードで、こんな事件があった。


EMINEMの最近の姿を見たくて録画していたのだが、こんな事件が起きて目を見張った。
しかし、このアワード番組は放送禁止用語が多いので、ライブより数秒ずれて放映している。というわけでEMINEMのついている悪態のほとんどは「ピー」という音で遮られてわからない。とっても残念。
新譜のなかで、リンゼイ・ローハンからサラ・ペイリンまで幅広くネタにしているけれど、自分がネタにされてしまったわけである。
そして本気で怒り、黒人のアントラージュに囲まれて帰っていくEMINEM。
普段眠っているミーハーな気持ちが起こされてしまったのでした。
スポンサーサイト

| 時事 | 14:12 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://peoplewatching.blog94.fc2.com/tb.php/282-3c3a075e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。