PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アメリカ人草食系男子

日本語メディアで「草食系」という言葉を目にするたびに、他人事のような気がしていたが、よくよく考えてみると、私の周りに生息するアメリカ人男子の半分くらいは、「草食系」だということに気がついた。

アメリカ人男子の草食系の特徴はこんな感じ。
ー肉を食べることを好まない。
ー森のなかを歩き回ったりするのが好き。
ーアートを作ったり、音楽を演奏したりするのは好きだけど、お金を稼いだりするのはいまひとつ苦手。
ー理想の朝の過ごし方は、瞑想、またはヨガ。
ー下ネタはどちらかというと苦手。恋愛に対してはとても真剣でピュア。
ー料理がめっちゃうまい。

この手の草食系男子と話をしていると、宇宙人と話しているような気持ちになる。
極端なケースになると、ポークのことを「ピッグ」と言ったり、チキンのことを「バード」と言ったりする男子もいて、ステーキ好きですけど、すいません、みたいな申し訳ない気持ちになったり。

不思議なことに、この手のアメリカ人草食系男子は、女の子もアルコールもドラッグも大好きという肉食系男子とつるんでいることが多い。
肉食男子と草食男子が話をしているのをみると、何話してるんだろう?と気になる。
アメリカ人草食男子の生態があまりに気になるので、草食系の友人をたくさん持っている肉食系男子をつかまえて聞いてみた。
あの宇宙人みたいな男子たち、どうなわけ?って。

そうしたら、「あいつら、昔からああだったわけじゃないぜ」という答えが返ってきた。
アルコールやドラッグを激しく消費していた時代もあるし、女の子をとっかえひっかえしていた時代もあったんだよ、って。
30過ぎてから、ピュア化が始まったのだという。
そして今はすっかり草食系を通り越して宇宙人。
女子に言わせると、毒がなさすぎて、魅力も希薄な感じである。
何が起きて、今のような状態になっているのかはわからない。
いずれにしても、日本の「草食系」とはちょっと違うみたいですね。
もうちょっとこのまま観察を続けてみようと思います。

最後に宣伝。



GQの最新号で、リチャード・ギアにインタビューしました。
マスコミ嫌いで有名なので、どきどきしながらだったけど、とっても感じがよくてびっくり。
インタビューは、?新作「HACHI 約束の犬」について。
シニカルな私としては、動物をつかった「ちょっといい話」というと、ずるい、と思ってしまうのだが、犬に対してとても真摯な作り方をしているので感心した。
詳しくはインタビューをご覧ください。



スポンサーサイト

| 番外編 | 08:10 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://peoplewatching.blog94.fc2.com/tb.php/281-09e857e6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。