PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

財政赤字と麻薬対策 ~ニューヨークとカリフォルニア

ここ数日、株式市場は好調とはいっても、世界の経済やアメリカの世界の経済の見通しが心配な今日この頃。
しかし、同じくらい心配なのは、ここニューヨークの経済。

特にニューヨーク州の財政は相当ひどいことになっているらしい。
税収、特に法人税からの財源が急に減ったうえ、”Tax Loss Carryforward(損失を繰り越しできる)”という会計上のルールのおかげで、大損を出したウォール街の金融企業から見込める税収は、あまりあてにならない。

ちなみにニューヨーク州は、去年の暮れあたりに、プールしていた失業保険の予算を使いきってしまい、一時は連邦からの借り入れをして資金繰りをしていたという話もあるくらい。
今後の財政赤字の規模は160億ドルとも言われている。
大丈夫か、ニューヨーク。

そして、ニューヨークと同じくらいやばいと言われているのがカリフォルニア。
失業率はとても高いし、財政赤字も膨らみに膨らんで、破綻寸前ではないかという声もある。
そんななか、カリフォルニアの州議員の一人が、とってもウルトラC的な解決策を提案している。
なんと、マリファナの課税。

ご存知の人も多いと思うが、カリフォルニアは、マリファナの医療使用を合法化した州のひとつ。
州法でオッケーになっても、連邦法では違法なので、連邦当局がカリフォルニアのマリファナ農場を恣意的に取り締まる、という奇妙な構図になっていたのだが、オバマ政権になって、連邦政府は、マリファナ農園の取り締まりをやめることを発表していた。

というわけで、マリファナ課税を提案しているTom Ammiano議員のコメント。
With any revenue ideas, people say you have to think outside the box, you have to be creative, and I feel that the issue of the decriminalization, regulation and taxation of marijuana fits that bill.

カリフォルニアのマリファナユーザーのみなさんが喜ぶかどうかはわからないけれど、こんな世の中、どれだけ斬新なアイディアを考えられるかが問われているのかもしれない。
ニューヨークでも斬新なアイディアが求められているのだと思うけれど、今の州知事を見ると、どうもそんなことは期待できそうにない感じだなあ、と思っていたら、ニューヨークも麻薬政策の見直しを検討しているのだという。

ニューヨークは、ヘロインが深刻な社会問題だった70年代の名残で、麻薬の取り締まりは厳しいほうと言われていたのだが、たとえば麻薬の使用で捕まった人が初犯だった場合、収監ではなく、治療させる、という方向で麻薬取り締まり法の改正の交渉が進んでいるのだそうだ。
もちろん理由は、麻薬の初犯をいちいち収監していたら、予算がいくらあっても足らない、ということである。

背景には、麻薬を売る行為は大きな犯罪だとしても、麻薬の中毒に陥ることは犯罪というより病気という考え方がある。
そして、麻薬とひと言にいっても、マリファナとその他のケミカルなドラッグは、はっきりと区別されている。
大麻で逮捕された人をマスコミが叩きまくる、どこかの国とは大違いである。

そんなことを読んで、なるほどな~と思っていたところ、ディナーの席で一緒になったフランス人エコノミストが、「麻薬はすべて合法にすべき」とラディカルなことを言う。

「ヘロインも? クリスタルメスも?」と聞くと、
「全部、全部」と笑うではないですか。

理由を聞くと、エコノミスト的な見地からいうと、いくら予算を使っても麻薬はなくならないし、取り締まれば取り締まるほど、麻薬問題は拡大するだけだから、という。
取り締まりが厳しい国ほど、麻薬問題は深刻なんだ。
経済的に効率が悪いんだよ。

なるほど。
経済的な効率だけでドラッグ問題を考えるのはどうかと思うけれど、いくら取り締まってもなくならない、という部分には同意。
というわけで、今日の教訓。
景気の状況がかわると、予想できることも、予想範囲外のことも、とにかくいろんなことが変わっていくものなのですね。

スポンサーサイト

| 時事 | 23:27 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://peoplewatching.blog94.fc2.com/tb.php/263-67c2cde4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。