PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

株式市場大幅高の不気味

景気の先行きが見えない感じにすっかり馴れてきたような気がする今日この頃。
「期待の星」から「ダメなヤツ」にすっかりイメージが変わってしまったガイトナー財務長官が発表した不良資産買い取り案を発表した今日、株式市場は、気持ち悪いほどの大幅高。
朝読んだニューヨーク・タイムズでは、ポール・クルーグマンが、この案に対して、「despair(落胆X100倍くらいな感じ?)」という言葉を使っていたので、暗い気持ちでいたのに、あれ?市場は好感しているのね、なんて単純に考えかけてしまった。

が。
夕方電話をくれた金融業界の友人がひとこと。
「出来高がめっちゃ低いんだよね、金曜日の出来高より低かったし」
金曜日は、アジアとヨーロッパの市場が閉まってしまうので、取引の量が少なくなる。
取引の量が少ないと、値動きは激しくなるわけで、今日の市場は上がったけれど、しかも出来高が低いとなると、必ずしも、満場一致で喜んでいるわけではないということである。
不気味。とっても不気味。
そのうえ、株式市場が大きく上がったり下がったりしているうちは、まだまだ先行きが不透明だということで、余談は許さない感じ。

が、報道をみると、どこも「過去5番目、今年最高の上げ幅」ということばかりに注目している。
こうも暗い話ばかりが続くと、明るいニュースに注目したい気持ちはわかる。
わかるが、いいのだろうか、それで。

ちなみに、不良資産買い取りについては、専門家たちの意見も分かれているもよう。
全部読むのはめんどくさい、と思った人のために、ニューヨーク誌がウェブで要約してくれています。

でも、エコノミストでなくても、国が不良資産の買い取りを仲介するっていう案が根本的な解決にならなそうなことくらいわかる。

オバマのがんばりを見ていると、大きなニュースにならないような部門で、小さな努力を毎日積み重ねていることがわかる。
が、今、国民が一番心配しているのは、景気。
就任してまだ100日も経っていないのに、ウルトラCを期待するのはアンフェアってもんかもしれないけれど、それにしても、心配。
オバマくん、頼みますよ。まじで。


スポンサーサイト

| ビジネス/金融 | 15:10 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://peoplewatching.blog94.fc2.com/tb.php/262-5bca810c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。