PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カダフィ大佐の提案

ここ数日、就任式の話題で持ち切りであった。
あまのじゃくの私としては、なんか別の話題、ないのかねー、と思ってしまうのであるが、ありましたよ、私の心をくすぐる話題が。

22日付けのニューヨーク・タイムズに、リビアのカダフィ大佐が寄稿している。
ファンキーな髪型をしたあの人です。
最近のイスラエル/パレスチナ情勢について解決策を提案しているのである。
その名も「The One-State Solution」。

ここ数年、国際社会は、パレスチナの国家を設立して、イスラエルと共存させる「two statessolution」を目指してきたわけです。
なので、見出しを見た瞬間、一瞬、どんな飛び道具?と思ってしまった。
しかし、読んでみるとなるほど、というところもある。
2つの国家を作ったところで、戦いは終わらないだろうし、政治家たちが好む好まざるに関わらず、イスラエル国内のアラブ系市民の数はどんどん増えている、だったらいっそ、ひとつの国にしてしまえば、共存せざるをえなくなるじゃないか、という話である。

私は中東の専門家ではもちろんないので、この方策にうまくいく可能性があるかはまったくわからない。
でも、見ているかぎり、戦い続けることが何かの解決になるとは思えない。
そして、中東情勢が解決されないかぎり、世界平和は達成されないだろうというのは、素人の私にもわかります。
カダフィ大佐、あなどれません。
どうなんですかね、これ。


スポンサーサイト

| 時事 | 01:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://peoplewatching.blog94.fc2.com/tb.php/240-64fa8d87

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。