PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

オバマ大統領誕生まで秒読み

エラい盛り上がりようである。
昨日のリンカーン・メモリアルの前でのイベントにはじまり、とにかくこの盛り上がり様は一体なんなのだろうか。
というわけで、今日は、明日の夜、どこに遊びにいく????という質問を何度もされた。
明らかにパーティーナイトと化しています。

ま、気持ちはわからなくない。
明日になれば、史上最低の大統領とお別れできるわけです。
しかし、イバラの道はこれからですよ、と突っ込みの一つも入れたくなる。
こういう時に盛り上がれる人間だったら良かったなあ、なんて思ったりして。
あ、もちろんパーティーには出かけるつもりまんまんですが。

それにしても昨日のイベントは微妙であった。
U2のパフォーマンスを見て、それにしても鷹揚な国だとあらためて思ったのは私だけではないはず。
アイルランド人じゃん!という突っ込みを入れたくなるのは、私が日本人だからか。
エディターのMちゃんともこの話題になった。
いやでも、オバマのキャンペーンソング、U2だったんだよねー、という私のコメントに彼女の返答。

>オバマのキャンペーンソングはU2だったんですね。ほー。
>麻生太郎のキャンペーンソングを韓流スターが歌う感じ?

イメージしてみてください。
不思議度が高まりませんか。

そして、その他のメンツも微妙。
ブルース・スプリングスティーン、わかる。
スティービー・ワンダー、わかりますね。
アッシャー、うーん、微妙
シャキーラ、冗談でしょ?
という感じ。

なんでシャキーラなんだよ、と怒りたくなったのも私だけではないはず。
ヒップは嘘をつきません、って歌っている人ですよ。だって。
というわけで、しらけてしまったのでありました。

まあでも、歴史的な1日であることは間違いない。
今日のNYデイリーニュースに、BET(ブラック・エンターテイメント・テレビジョン)のパーティの話が出ていた。
出席者のなかから、黒人が大統領になるわけだから、黒人コミュニティだって、これからもっと努力をしないといけない、というような発言が相次いだ、というお話である。
たとえば脚本家のタイラー・ペリーの

The days of excuses are over
言い訳の時代はもう終わりだ

という発言。

オバマが大統領選挙に勝ったことだって、今振り返っても奇跡のように思える瞬間があるけれど、まあ、それもあれだけ優等生系のオバマだったから、ブッシュがあまりにもひどかったから、といろんな要因が重なって実現したわけで、これで、アメリカが人種の平等を達成したことには全然ならないんだった、ということをあらためて思い出したのでありました。

コメディアンのクリス・ロックが、最新作のライブのなかで、自分が住んでいるコミュニティに住むことができるわずかな黒人は、メアリー・J・ブライジとかJay-Zとかで、なのに近所の白人は歯医者とかなんだぜ、という話をしていたのを思い出した。
まあ、現実はまだまだそんな程度だ、という話です。

何はともあれ、宴は明日である。
明日はとりあえず盛り上がって、あさってになったら考えればいいか。
スポンサーサイト

| 政治 | 12:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://peoplewatching.blog94.fc2.com/tb.php/238-02950a5c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。