PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ブラック・フライデーと「フラット化する世界」

東京から友達が遊びにきていたり、お友達の誕生日があったりして、しばらく「遊びも一生懸命」状態でした。
フリーになったばかりの頃は遊ぶことにものすごく罪悪感を感じていたが、最近は、遊びも一生懸命やらないとつまらないオトナになってしまう、という強迫観念を感じるようになった。
遊ばないと枯渇するし。
というわけで、遊びも一生懸命。
でも人様に迷惑をかけないように仕事もがんばっております。

そんなわけで、お買い物もしたい親友とともに、「ブラック・フライデー」に久しぶりに参加した。
なぜ、感謝祭の翌日のクリスマス商戦初日を「ブラック・フライデー」と呼ぶのか、昨日、お友達に聞かれたので、調べてみました。
ウィキペディア英語版によると、1960年代に、その日あまりに交通渋滞が激しいので、フィラデルフィアの警察が「ブラック・フライデー」と呼び始めたというのが、この言葉の起源のようです。
1800年代下旬に、株式市場が暴落した日をはじめ、他にも歴史上の「ブラック・フライデー」はいくつかあるのだけれど、最近は、もっぱらクリスマス商戦初日のことを指すことが多い。

話がそれたけれど、久しぶりの「ブラック・フライデー」は、こんなご時世だし、値下げ幅はすごいし、人出もすごいし、おえっと吐きたいような気持ちになった。
サックス・フィフス・アベニューの靴売り場ではロープがはられていた。
誰が聞いたのか、早い時間に靴をめぐって女性同士のけんかが勃発し、それでロープを張ったという話を耳にしたけれど、真偽のほどはまったく定かではありません。
さすがにそんなことが起きたらニュースになるでしょ、と一瞬思ったけれど、もっとすごい事件が起きたことがわかった。
靴をめぐったけんかなんか霞んでしまうような事件は、ロングアイランドで、開店と同時にセール品をゲットしたい買い物客たちが、店を開けろと騒ぎ、ドアが壊れて人がなだれこみ、従業員が踏まれて死んでしまった、というもの。

従業員の死亡が確認されて店が一時閉店になったとき、一部の買い物客が「並んだのに」と怒っていたという。
こんな事件がなんで起きるのか、理解するのは難しい。
ニューヨーク・タイムズには、心理学者の教授の談話が紹介されていた。
恐怖感(所有物が十分でないのではないかという)と群集心理が作用した、という意見である。
なんとなく、それだけではないような気がする。
不景気のフィアー・ファクターが、人を神経質にしていて、それが説明のしにくい行為に走らせているのではないか、と思ったりしました。
もしかすると、こんなに理解に苦しむことを説明しようとする試み自体に無理があるのかもしれないけれど。

靴だかテレビだかを争って、ニューヨークがそんなばかばかしい状況になっているのとほぼ同時に、ムンバイでテロが起きた。
今の世の中のとても象徴的な出来事だと思いました。
何年か前に、朝新聞を開いたら、一面に、イスラエルで起きた自爆テロの事件と、モデルのハイディ・クラムがチャリティーパーティーに出席して、というくだりで始まる記事が並んでいるのを見て、同じような気分になったことがある。

先日、書評を書くのに、遅ればせながらこの本を読んだ。


趣旨は、世界がテクノロジーの発展やその他もろもろの要因によって、いかにフラットな競技場になっているか、という話である。
そして、もう一つの趣旨は、(インドや中国が、フラットな競技場を有効活用しているために、)アメリカ経済はこのままいくと大変なことになるよ、ということ。
著者のトーマス・フリードマン氏は、3度もピューリッツァーを受賞しているニューヨーク・タイムズのコラムニスト。
取材力もものすごいし、知らない情報も多くて、とても面白かったし、勉強になった。

が。
この本が、「世界はすでにフラット化した」という前提で書かれていることに、ちょっぴり違和感を感じた。
だって、フラットじゃないじゃん!って。

今日、最近仲良しのクリエーターのKさん(日本人、男性)と打ち合わせを兼ねてお茶をした。
読書の話題になったので、この本の話をした。
Kさんが、私の感じていた違和感を、うまく表現してくれた。
だって、あっちの世界では、すごいことになっているのに、オレたちこんな服着て、こんな店(ニューヨーカーの仕事場と化したコーヒーショップ)でコーヒー飲んでるし、って。

まさに。
ニューヨークに長く住むということは、こういう矛盾を抱えるということでもある。
もちろん私たちは、もっと人の役に直接立つような仕事をしているわけではないし、途上国で井戸を掘ってるわけでもないし、さらにはファッションが好きだったり、物欲だって人並みにあるわけで、そんな人間にできることはほとんどない。
あるとしたら、そういうことについて真剣に考えることくらいである。
何の役にも立たないけれど。立たないなりに。

そして、こんな矛盾は、世界全体が抱えていることなのではないかと思う。
矛盾の大きさが少しずつ小さくなればいいと思うけれど、現実には、どんどん大きくなっているような気がします。
だからといって、努力しないわけにはいかないと思うのですが、どうでしょう。








スポンサーサイト

| 時事 | 18:53 | comments:8 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

生きるとは人に尽くすこと、って心の片隅になんとなくはあるんだけど、結局買っちゃうし遊んじゃう...うーん。
「足るを知る」ってことが大事なのかな、と最近は納得している。

| ai | 2008/12/03 12:36 | URL | ≫ EDIT

ブラック・フライデー

日経新聞の記事では、「どんな店でもこの日は黒字になるから」といった説明がされてました。どうなんでしょう。。

| dove | 2008/12/04 08:15 | URL | ≫ EDIT

aiちゃん、私だって、遊びも大好き。買い物も大好き。
十分やってると思うわけにいかないけれど、考えることも第一歩かな、と自分を慰めています。

| YS | 2008/12/04 15:49 | URL | ≫ EDIT

doveさん、「どんな店でも黒字」ということを証明するのは難しいと思うけれど、いつもより客足が伸びるのは確かだと思います。
それでも今年は、例年より客足も悪かったみたいだし、いつもより大胆に値下げをしている店が多かったので、利益という点では微妙みたいですよ。

| YS | 2008/12/04 15:51 | URL | ≫ EDIT

私は、遊びは生きるにおいて必至のものだと思うよ。
働いて遊ぶ。働いてばっかり、考えてばっかりいてもいつかはアップアップになっちゃうのが人間かな、と。
ようはバランスだよね。
たとえば昨日旦那と話してたんだけど、いくらお金持ちになってもパリやNYとかの駐車できない街でポルシェの4駆とか買うような人にはなりたくないよね、って。
同じお金の使い方だったら、せめてハイブリッドカーにしたいね。
何にも不自由してない自分達だけど、考えることを、そしてそのことを話すことをやめてしまったら何も変わらないよね。
だからこそ、人生を謳歌して、なにが生きることに大切なのか、人を押しつぶしてまで欲しいものや必要なものがあるのかを毎日考え続けたいと思ってます。
そして、何が大切なのかを見つけるには、私にとっては遊びは重要なファクター!だって遊びから生きるエネルギーをもらってるから。

| 裕子 | 2008/12/04 20:22 | URL | ≫ EDIT

裕子ちん。
私も遊びは基本だと思っているけれど、物欲は罪悪感を感じちゃうのである。
モノを得ることでハッピーになるというのは、一種の現代病かと。
といいながら、買っちゃうんだけど、さ。
どうかしらん。

| YS | 2008/12/07 03:30 | URL | ≫ EDIT

えー??現代病???
いわゆるショッピングアディクトとかは現代病だと思うけど、物を買ってハッピーになるのは昔からじゃない?
綺麗なもの、便利なもの、そういったものを必要最低限の生活に加えることにより、生活が豊かになるのは病気とは思わないけどなー
たとえば花を買う。これってかなりもったいないし、意味ないよね。すぐ死んじゃうわけだし。
でも、うれしくない??
生活必需品以外のものを求めるのは、アートの元でもあると思うし、それこそ人間である素晴らしいところだと思うけどね、私は。
もちろんたとえば、懐かしいけどエメルダみたいに1000足も靴を買うとか、いきすぎはよくないと思うけど。
どうだい?

| 裕子 | 2008/12/12 03:51 | URL | ≫ EDIT

ニューヨークの年末商戦のさなかに生きているから、そう思うのかも。
消費、消費、消費、って感じで、そもそも、限度を超えて買うから、負債が増えちゃってるんだけど、みたいな。
きっと私の精神状態もあると思うわ。

| YS | 2008/12/13 16:52 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://peoplewatching.blog94.fc2.com/tb.php/225-f444d536

TRACKBACK

【ブラックフライデー】についてブログの検索結果をまとめると…

ブラックフライデー についてブログの検索結果をまとめると…

| 最新キーワードチェック! | 2008/12/03 11:24 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。