PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カナダの銀行の経営状況がが世界で一番健全な理由

TIME誌に、「カナダの銀行が援助を必要としていない理由」と題された記事を見つけた。

カナダの銀行の経営状態は、世界的にいうとナンバー1らしい。
サブプライムの影響を被った銀行はあるにはあるが、基本的に、規制がとても厳しいので、サブプライムに資金を垂れ流すこともできなかった、そしてそれが結果的には吉と出たかもしれない、という話である。

そういえば、去年の春くらい、規制問題の専門家にインタビューした。
その先生は、規制という学問の分野では若手のスターと言われる人だったのだが、基本的に自由主義の信奉者で、規制は少なければ少ないほど良い、すべて市場の自然な流れにまかせるべき、という立場を取る人だった。

私も、ずっとそう思っていた(基本的に、当局によるコントロールが嫌いなため)。
でも、そうなのだろうか、と最近よく疑問に思う。
自然な市場の流れにまかせてきた結果、今、先進国の経済は、大恐慌以来と言われるほど危険な状態にある。
やっぱりダメだったってこと?
それでも、やっぱり、原則はあくまでも正しい、という人はいる。
でもなあ、現実ダメになってるってことはダメなんじゃないか。
難しいところです。
だって、規制はしたほうがいい、と言うと、社会主義と言われてしまう世の中ですから。

アメリカは欲をかいて大失敗した。
カナダは厳しい規制体制を敷いていたために、今、他の国が経験している傷みを経験しないですんでいる。

それにしてもわからないのは、89年のバブル崩壊で痛い目をみたはずのマイ故郷が、なぜサブプライムの罠にかかってしまったのだろうか、ということである。
去年、NYに駐在中の男性を紹介された。
某公共機関のお方だったのだけれど、仕事は、従業員の年金を運営して増やす、という仕事だった。
その人と話をしながら、そんな大切な年金を、管理している人物が、株のトレーダーみたいな雰囲気を出しているということ、年金を増やす目的で、人材が一人NYに派遣されていること、さらに投資先がアメリカ株だってことにも。びっくりした。
バブル崩壊のときに、学んだはずだったんだけど。
誰か、私の素朴な疑問の答えを教えてください。

スポンサーサイト

| ビジネス/金融 | 16:32 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

金融サミット取材でワシントンに来てるよ~
カナダの規制が強いって話は知らなかったけど、日本はメガバンクが負ったサブプライムの傷は浅かったよ。それは、別に日本のメガが賢明だったからでもなんでもなく、米欧でハゲタカやヘッジファンドが跋扈したここ数年の金融最盛期、まだバブルの集中治療室から出ようとしている時期だったから無理はできなかった、という消極的な理由だよね。笑
メガバンクに対して、農林中金とか年金基金のような公的部門は、運用資金だけは潤沢で(なにもせずともカネが入ってくる)、低金利の日本で運用しててもしょうがないからと投資ファンド化して大失敗。特に農林中金は第二の住専になりつつある。MBAとってみたもののアタマでっかちで中途半端なディーラーが多かったな、あそこは。責任とれっつの。
とにかく、危うい金融商品への一定の規制は必要なんだろうな。価格のつかないようなCDSをちゃんと市場化するとか。でもただちに「規制強化」かというとそうでもないと思っている。英仏が難癖つけたって、盟主・米国のオバマが来年どんな経済政策を優先させるのか見ないといけない。オバマは金融市場の問題は経営者の高額報酬規制くらいにしておいて、まずはGMへの公的資本注入とか製造業再生を優先させるのではないかと思うんだが、どうだろう?
オバマのアメリカは、ハゲタカ消えて大きな政府がやってくる、ってイメージ?直接金融さんサヨナラ、間接金融さんお久しぶり、みたいな。

| ai | 2008/11/14 22:19 | URL | ≫ EDIT

aiちん、素朴な疑問に答えてくれてありがとー。
オバマの経済政策は、まだ見えづらいよね。
GMへの公的資本注入をやりそうだけど、AIGのせいで、反感も高まってるし、どうなるんだろう。
ちなみにまたワシントンにいるのだね。今度はNYはなし?
今度はゆっくり話したいもんだ。
からだに気をつけるんだよ。

| YS | 2008/11/15 03:55 | URL | ≫ EDIT

まさに博打打ち

経済金融関係にまったく無知のド素人の俺が思うに、尋常じゃないボロ儲けをしてたアメリカの金融証券会社は、日本から見ててもかっこよくて憧れちゃう存在だったんじゃん。

リーマンショック直後に、遅ればせながらと勇んで戦場へ馳せ参じ、あっけなく返り討ちにあってビビリ入ってる日本の銀行がコミカルにさえ感じるし。

しかし、米金融関係者の給料やボーナスって凄いよね、ちょっとおかしいって! 給料が業績に連動するから、とにかくどデカイ博打をはって当たればがっぽし稼げるし、外れても「すんません、預かってたお金全部やられちゃいました!」って謝れば済んじゃうんでしょ? 儲けは自分で、損するのは会社と投資家だからオケ、でっかく張ってこ!って思いそう。

資本主義でも共産主義でも原理主義でも、とにかく極端過ぎるのは問題有りだって思った。正解なんかないんだろうけど。

| とも | 2008/11/25 08:53 | URL | ≫ EDIT

はじめまして。。。。
いろんな人のブログを見ていました。
参考にしたいと思います。
私のブログも見てください。

興味がなければ、すいません。スルーしてください。




| ただ | 2008/11/25 23:58 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://peoplewatching.blog94.fc2.com/tb.php/213-ac363d01

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。