PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アリゾナ、ニューメキシコ、そしてテキサスに



アリゾナのナバホ族の居住区やニューメキシコのタオス・プエブロを通過しながら、ニューメキシコを南下し、ようやくテキサス西部までやってきた。
ハリケーン・アイクの影響が心配だったけれど、さすがにテキサスはでかいので(カリフォルニアよりもでかい)、同じ州でもまったく影響がないもよう。

上の写真はニューメキシコの北部の街マドリッドで撮った。
2年前にも通過したことがあったけれど、今回の旅でさらに好きになった。
自然もあるし、文化もある。
白人よりもヒスパニックやネイティブのほうが多くて、みんなが混ぜこぜに暮らしている。
とってもピースな土地である。
いつか年をとったらここに住みたいなあ、と思うくらいです。

アメリカ一周の旅も2週間を超えた。
走行距離は、6200マイル強。キロに直すともう1万を超えた。
行く先々で出会う人々に、「~に行きなさい」とか「~の@@さんと話すといいよ」というアドバイスをもらいながら旅を続けている。
そこの空気を吸っているだけで暗い気持ちになるような街もあるし、ずっといたいと思う街もある。
共通項といえば、どこに行っても、出会う人がみんなこの国の将来を憂い、心配しているということ。
共和党支持の人も、民主党支持の人も、アナーキストも、インディペンデントも。
政治もメディアも、この人たちのことをちっとも代表していないなあ、とつくづく思う。

車を運転しながらラジオをつけても、聞きたい番組がない。
オバマを厳しく批判するコンサバ系ラジオ、サラ・ペイリンをバカにするベラル系ラジオ、UFOの話をするカルト系ラジオ、そしてスポーツ番組。
なんだろう、このバランスの悪さ。
温かい人と出会ってハイな気分を味わい、車にのってラジオにうへっとなる、の繰り返し。
そんな気分が今のアメリカを象徴しているような気がします。

スポンサーサイト

| 旅先から | 16:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://peoplewatching.blog94.fc2.com/tb.php/185-4c9cb1b7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。