PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ペイリン女史とサウスダコタ

ようやくサウスダコタの西端くらいまで走ってきた。
州の途中でいきなりタイムゾーンが変わってびっくりした。
そんなこと、あるのね。

毎日、平均500~700キロくらいは走っているのだが、運転中はわりと暇なので、音楽やラジオを聞いたり、おしゃべりしたりしています(フォトグラファーのグレースと)。
そしてやっぱり今ホットな話題は、副大統領候補ペイリン女史であります。

そしていろんな方面から、いろんなペイリンのパロディが送られてくる。
今日きたのはたとえばこれ。
ペイリンの17歳の娘が妊娠した、というエピソードと、アラスカの都市ジュノー、ティーン妊娠 を取り上げた「Juno」にひっかけている。
何か起きるたびに、クリエーターたちが腕自慢をしているみたいだ。
残念ながら、ネットに転載できないようなモノもありますが。



ペイリンに対する一番の批判は、人口5000人の都市の市長だったやつが、アラスカの知事になって2年で副大統領になれるか!!というところらしい。
そりゃ、ごもっともなつっこみである。
サウスダコタを走っていると、人口が数百人というコミュニティの横を通ったりする。でも、すごく小さく見えるコミュニティも、人口を見ると、18000人と書いてあったりする。
ペイリンが市長をつとめた街よりでかいってことではないか。
それなのに、やっぱりペイリンが女だ、というだけで投票しようと思っている女性は多いようです。悲しいかな。

話は戻って、私たちの旅は、すっかり過疎の地に入ってきたため、人と出会うのも一苦労である。明日からはワイオミング、モンタナ、アイダホ、とさらに過疎の世界に入っていきます。
ようやく西海岸が見えてきた!



写真は、クレージーホ(ネイティブ・アメリカンのチーフ)の銅像。
手前に見えてるのがモデル、後ろが制作途中で中断されているもの。
不思議でしょ。


スポンサーサイト

| 旅先から | 14:08 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ジュノー

ウケる。暇なデザイナーはどこにでもいるんだねー。あ、ココにも・・・。ちなみに人口5000人といったら都市ではなく『村』です、日本で言うところの。町に中学が1つしかない、我がフルサトでさえ1万5千人います。だから何なんだ、という暇なコメントでした。

| yui | 2008/10/03 06:29 | URL | ≫ EDIT

そっか、そうだよね。村だよね。
君のフルサトの3分の1と考えると相当少ないな。
ちなみに、君の政治作品、待ってます。

| YS | 2008/10/03 16:15 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://peoplewatching.blog94.fc2.com/tb.php/177-a9c55249

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。