PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

なぜオバマがリードしていないか ~NYマガジン

またもやカナダの島に逆戻りをしている。
今度はケープ・ブレトン島。
プリンス・エドワードの東隣の島である。
こうもカナダへの旅が多いと、カナダに呼ばれているような気さえしてきます。

取材の相手はまだナイショだけど、夏をこの地ですごす大物の文化人です。
彼と奥様とご飯を食べていて、「で、大統領選はどうなってるの?」と聞かれた。

こういうことを聞かれると、なんだか試されているような気分です。
ジョン・エドワーズが浮気をしていたことを告白したこと、ジョン・ケリーの攻撃本を書いたジェローム・コルシという輩が「オバマ・ネーション」という攻撃本を発表したこと(オバマとイスラム教の関係をいい加減な論拠で強調したり、学生時代のマリファナ使用をしつこくむしかえしたりしている)なんかを話しつつ、でも、カナダでは報じられていないんですか?と聞いてみた。
ヒラリーが撤退して以来、関心が減っちゃったみたいなのよ、って。
きっと日本の関心もそんなことなんだろうと想像してみる。

国際的な関心はおいておいて、オリンピックが終わる頃には、コロラドのデンバーで民主党の党大会がはじまります。
ちなみに、ブラック・アイド・ピーズ、カニエ・ウエスト、ウィリー・ネルソン、ジェニファー・ロペスなんかがパフォーマンスするらしい。
余談ですが、レイジ・アゲンスト・ザ・マシーンも党大会の最中に、デンバーで演奏するんだって。Tent State Music Festival to End the Warというイベントで。
そして、共和党の党大会。
ビーチ・ボーイズ、カウボーイ・トロイ、サミー・ヘイガー・・・・
どちらの党のほうがイケてるか、一目瞭然。
そうはいってもイケてるだけでは選挙には勝てないんだな。当たり前だけど。

ニューヨーク・マガジンの最新号に、「Why Barack Obama Isn't Doing Better in the Polls」という記事があった。
なぜかというと、そりゃあもちろん彼が黒人だから、であります。
(その背景には、現職の支持率が史上最低のレベルなのに、民主党候補が大きくリードしていないのはおかしい、という前提がある)。
でも、たいていの人はそれを認めたがらない。
この記事は、そのへんの人種問題のリアリティを追求しているので、興味のある方はどうぞ。

昨日のビッグニュースのひとつは、ピュー・リサーチ・センターが、2042年には、白人がマイノリティになる、という見通しを発表した、ということだった。
一瞬、お!と思ったが、よく考えたらあと34年もかかるってことですよ。
最近、なんだかんだいって、アメリカは白人の国だもんな、と思うことがよくあるし。

「オバマ・ネーション」が出て、感じたのは、タカ派の右派のみなさんが、必死になって、「オバマに投票しないでいい理由」を提供しようしているみたいだなって。
心のなかではなんと思っていても、「黒人だから投票しない」と決めるには罪悪感を感じるところを、でもオバマはイスラム教徒かも、と思っていれば、それが言い訳になっちゃったりして。

そして一方、民主党も、まるで人種差別がないかのようにふるまっているような気がして、そのへんのナイーブさも気になるのです。
だって、浮動票を狙っているのに、カニエとJLoって、大丈夫か。
共和党には投票したくないけど、オバマもねえ、と思っている人をより遠ざける結果になりそうで、ちょっと不安。
がんばれ、ウィリー・ネルソン。



スポンサーサイト

| 政治 | 00:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://peoplewatching.blog94.fc2.com/tb.php/170-cc8dc937

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。