PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

精神的な景気後退?

昨日、インボックスにデルタ航空からのメールが届いていた。
またもやチェックインのバッグに課金するとか嫌なニュースかと思いきや、複数のエアラインのCEOがサインした原油高についての"Open Letter"だった。

昨日、お友達とランチをした際に、やっぱりガソリン代の高騰の話題になって、彼女は
「そりゃあこれだけ使ってて、資源に限りがあるわけですから、上がりますよね」と言っていたけど、それだけじゃないんだよ、と投機買いの話をしていたのだが、昨日きたメールのテーマはまさにそれ。

メールから引用すると、こんな具合。
Twenty years ago, 21 percent of oil contracts were purchased by speculators who trade oil on paper with no intention of ever taking delivery.
Today, oil speculators purchase 66 percent of all oil futures contracts, and that reflects just the transactions that are known. Speculators buy up large amounts of oil and then sell it to each other again and again.

20年前、原油の現物を受け取る意図なく原油の契約を取引する投機筋が購入する原油契約は全体の21パーセントだった。
現在、投機筋が購入する原油先物は全体の66%で、それも公開されている部分にすぎない。
投機筋は、大量の石油を購入し、取引を繰り返す。

手紙は、原油高のおかげで、航空業界の雇用が減少し、サービスが縮小する、と言っていて、最後に、手紙の受け手に、
www.StopOilSpeculationNow.com.
というサイトにいき、ネット上で署名することをすすめている。

ちなみに、この手紙にCEOがサインしている航空会社は、デルタ、アメリカン、アラスカ、ジェットブルー、ハワイアン、エアトランス、ミッドウエスト、コンチネンタル、サウスウエスト、USエア、ノースウエスト、ユナイテッド。
ほとんど全社である。

タイミングを説明すると、ちょうど議会で、投機マネーを規制しようとする動きが高まっている。おまけに、原油高による航空業界全体の損失が2008年通年で100億ドルにものぼる可能性があるらしい(航空輸送協会のCEOが言っていた)。

ふむ。
こんなメールが航空業界からくること自体が非日常的なので、よく言った、とほめたい気持ちもなくもないけど、半分は、何をいまさら、と思う気持ちもある。
それだけじゃなくて、航空業界=被害者、という構図に何かしっくりこないものを感じるのであります。
だって、さんざん助成金をもらい、他の輸送手段に対して独占状態なのに、こんな状態になったのは、何も911や不景気や原油高のせいじゃないと思うのである。
投機マネーが原油高と関係していることは疑問の余地がないにしても、そして投機的な投資をしている年金とか、ヘッジファンドとかはある程度規制をしたほうが良いのだろうけれど、ここでまた航空会社を助けちゃうことが良いことなのかどうかは非常にビミョウな気がします。

ところで。この手紙が使っている「66%」という具体的な数字。
どこからきたんだろうと調べてみたのだけれど、ソースが見つからない。
おまけに、これについて書いている記事をたくさん読んでも、この手紙が使っている数字の出所を教えてくれる記事は見つからず。
私が知らない常識なのだろうか、なんて思ってみたけれど、やっぱり違うような気がする。
このへんのあたりも突っ込んでいただかないと困りますよ。
他人のふりみてわがふりなおせ、ですね。

そういえば、共和党候補のマケイン上院議員のスタッフが、また失言して大騒ぎになっています。

You’ve heard of mental depression; this is a mental recession
精神のうつ病については聞いたことがあると思うけれど、これは精神的な景気後退だ。
(depression=大恐慌/うつ病でコトバ遊びしてるんですね)
We have sort of become a nation of whiners
めそめそ文句をいうやつばかりの国になってしまった。

つまり、原油が高いのも、差し押さえ物件がものすごく増えているのも、大したことないって言いたいらしい。
こういうことを言う人の政党にまかせておいたからこんなことになってしまったのです。

そして、今日はもうひとつ発見があった。
この国の健康保険だと、避妊ピルはほとんど対象外。
なのに、バイアグラはだいたいカバーされてるんだって。
おかしい・・・・
何かが・・・

これについて、聞かれたマケインくん。
何も答えられない姿が何度もテレビで放映されていた。
日本ではマケインがあまり知られていないらしいので、今日は彼のパブリシティに貢献してやる。ふっふっふ。


スポンサーサイト

| 政治 | 13:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://peoplewatching.blog94.fc2.com/tb.php/159-159901c1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。