PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

空の旅は拷問か

カナダの旅は取材もうまくいったし、とても楽しかったけれど、ハプニング(これ、死語?英語では確実に死語ですけれど)もあった。
NYの空港にたどりついたら、NYからハリファックスまでのフライトがキャンセルされたことがわかった。
つまり、自動的に、ハリファクスーシャーロットタウン(プリンスエドワード島の空港)便に乗れないことになる。
島までの便は1日1便しかないので、翌日の便に乗るしかない、とカウンターのお姉さんが平然という。
ごめんなさいね、というふうでもない。
中3日の限られた日程の取材である。それじゃ困るんだけど、他のルートはない?と聞いても首をふるばかり。
えーっと、困ったな、どうしようか、と考えてみたが、良い方法を思いつかないので、じゃあ、しょうがないから、翌日の便にのせてください、と言ってみた。
コンピュータをかちゃかちゃやってたと思ったら
「あらら、もううまっちゃった。だから早く決断しろって言ったのに、ぐずぐずしてるから」
こういうときの気持ちをなんと表現したら良いのだろうか。
物騒なコトバしか思い浮かばない。ネットにはとても書けません。
日記には書いたけど。

この間のパリ旅行でも同じことが起きた。
便をキャンセルしておいて、「どうする?」みたいな態度をとる。
何万というお金を払って、不慮の事態が起きるところまではわかるけれど、解決しようという態度すら見せない。
ちなみに前回のパリはアメリカン航空、そして今回はエアカナダである。

What do you suggest we do?
ともう一度チャンスをあげたのに、返事は
I don't know what to tell you
憤死するかと思います。こういうとき。ほんと。

ない頭を必死に動かして、考えついた解決策。
ハリファックスまで行き、そこから陸路で島に入るという方法。
夜中のカナダを車で何時間も走ることになるけれど、一日無駄にするよりはいいだろ、と。

ほんと、エアトラベラーの権利は、ないも同然である。
どーよ、これ、って考えていたときに、ユナイテッドがアメリカンに続いて、預ける荷物に課金するというニュースが入った。
1つ15ドル。
どんな荷物でも預けるとお金が必ずかかることになった。
確かにエネルギー価格は上がっている。
コストがあがっているのもわかる。
でも。でも。
航空会社の経営状態が悪くなったのは、それだけじゃないと思う。
カストマーサービスは悪いし、しょっちゅう遅れるし、鞄はなくなるし。
それなのに、お客の負担ばかりが増える。
ちゃんとやれてるエアラインだってあるのにな。
ダメな航空会社は淘汰されていくべきだと思ってしまいました。

余談ですが、カナダから戻った入国審査で列に並んでいたときに、列をさばいている空港のお姉さんが、「ティム・ラッサートが死んじゃったって」と大騒ぎしていた。
ティム・ラッサートは、NBCの「Meet the Press」という番組のキャスターをつとめていたジャーナリスト。
私のなかでは、アメリカのジャーナリズムの良心を代表する存在だった。
しかも58歳という若さで。
右に、左に、と政治思想が偏ったジャーナリストが多いなかで(自分も含めて)、貴重な存在だったと思う。
とても、悲しい。
合掌。

スポンサーサイト

| ビジネス/金融 | 09:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

すごく共感。

わー、私も最近、フランスはマルセイユでドイツ行きのルフトがキャンセルでした。

説明と謝罪のないまま、同僚たちとふざけながら対応するフランス人。
一時間以上、必死で感情を抑えながら整列する日本人(私一人)とドイツ人。

対応の最後に、「説明も謝罪もないの?」って聞いたてみたら、「はいはい、ソーリー、ソーリー、2回言ったけど満足?」って返され、怒りを超えて、力が抜けましたよ。

あきれて無言の私に、「ソーリー、ソーリー、4回目、十分でしょっ!」

| meg | 2008/06/17 09:38 | URL | ≫ EDIT

megさん、あああ、お怒り、ごもっとも。
これはいくらなんでもひどいですね。
ちゃんと目的地にたどりつけたのでしょうか?

| YS | 2008/06/17 14:41 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://peoplewatching.blog94.fc2.com/tb.php/150-eac37c56

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。