PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

モダンヒッピーズ

先日、アーカンソーを車で旅しているときに、旅の友Tが、「アーカンソーには、けっこうイケてるヒッピーのシーンがあるらしい」と言った。
そのとき通過していたのは、Mt. Idaという街。
大自然しかなさそうな街なので、ほんとかよ~と思ったときに、クリスタル屋さんを通過した。
クリスタル屋さんは、ニューエイジ文化の象徴である。
あそこに寄って、ちょっと様子を見てみよう、という話になった。
クリスタル屋さんの店番をしていたのは冴えないおじさん。
ちぇーっと思ったけれど、隣に植物屋さん兼アンティーク屋さんがあった。
店先には、ヘンプでできた植木のハンガーがたれさがってる。
あれは、ヒッピーの象徴ではないか。
と、お店に入ってみると、ジョニー・キャッシュを大音量でかけながら、ジョニーと一緒に歌っている兄ちゃんがいる。
曲目は「HURT」。
そういえば、ジョニーはアーカンソー出身であった。

話しかけてみたところ、オーストラリア生まれ、アイダホ育ちの兄ちゃんであった。
アーカンソーで何してるの? ここで暮らしてるの?とたずねたところが返ってきた答え。

I am just being here for the time being.
I know I live on this earth, but the idea of "living here" kind of freaks me out.
しばらくはここに存在しているってだけのこと。
地球の上に暮らしてはいるけれど、“ここで暮らしてる”っていうコンセプトは、ちょっと苦手なんだ。

うーむ、ヒッピーである。
ちなみに彼は、今も存在するフラワーチルドレンたちと1年にわたり旅をしたこともあるけれど、やっぱりその集団生活に馴染めずに脱落したんだそうな。
ヒッピーのコンセプトは理解できるけれど、僕はやっぱりワークアウトだってしたいし、ヒゲだって剃りたいの。
そういったら、「君は現代社会に洗脳されている」と言われたけれど、あいつらだって、僕を洗脳しようとしたっていう点では変わりはないよ。
と、説明してくれた。
だから今は、一匹狼ヒッピーをやっている。
世の中、いろんなタイプの思想があるけれど、思想にからめとられすぎて、身動きできなくなってしまうことがあるのだと、この兄ちゃんに教えられた気がする。
ランダムに旅をしていて、こんな人に出会えるところに、この国の大きさを感じる。

ところで、アーカンソーには、イケてるヒッピーシーンがあるって聞いたけど?
What are you talking about?
Arkansas is all about rednecks.
何言ってるの?
アーカンソーはレッドネックばっかりだよ。

そっかー、やっぱりガセでありました。
こんなところにヒッピー、いないよね~。

ところで。
ヒッピーがいるというガセネタを流したのは今回の旅の友T。
あまりよく知らないのに、興味と利害が一致したので、偶然か必然か旅の友になったのでありました。
ミュージシャンでアーティスト。
遺跡を見に行ったときには、古墳のような丘のてっぺんで、いきなりヘッドスタンド(ヨガのポーズ、頭で立つあれです)。
???となる私に、「逆さまから見たら、どういうふうに見えるかと思って」。
キャンプでご飯を作ってくれたり、ストレスが頂点に達した瞬間に、先日のTシャツのビデオを見せてくれたり、とにかく、ピースな人物でありました。

サイケなバンドをやっていると聞いたことはあったけど、見たことはなかった。
一緒に旅をしたヒトがどんなバンドをやってるのか興味があって、ブッシュウィックまで行ってきましたよ。
USAISAMONSTERというバンド。

こんなすごいモノ、みたことない、というくらいすごかった。


youtubeの音だと、いまひとつすごさが伝わらないかもしれないけれど、生で見ると、ほんとすごい。これ、二人でやってるって、すごくない?
しかも一人はドラムを叩きながら足でオルガンのようなものをひいている。
さすが、USA is a monsterである。
惚れるかと思っちゃった。一瞬。
人生ってなんだかんだめんどくさかったり、つらいことも多いけど、こんなものをたまに見せてもらえるんだったら、すっごく満足かも。



スポンサーサイト

| 旅先から | 15:23 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

すごい!!

すごい旅をされたんですね。
迂闊なコメントできないです。
いつも拝読していますが、
一連の旅行記は、とっても読み応えがあります。
また、バンドが強烈すぎてついコメントしてしまいました。

以前(かなり前に)もコメントした者ですが、
9月から私もNYに移ることになりました。
何かの機会にお会いできれば?嬉しいです。

| meg | 2008/06/01 23:27 | URL | ≫ EDIT

megさま、バンドの強烈さが伝わってうれしいです!
いつでも遠慮なくコメントしてください。
どこからいらっしゃるんでしょうか。
NYでお目にかかれるといいですね。

| YS | 2008/06/02 00:29 | URL | ≫ EDIT

Tokyo

東京からです!
NYでぜひ!!

| meg | 2008/06/05 16:15 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://peoplewatching.blog94.fc2.com/tb.php/146-ea5f196c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。