PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

映画版 Sex and the City

映画版「Sex and the CIty」の試写に行ってきました。
これをヒトは役得というらしい。
友人M(女性、ラティーノ)は、
あんたなんて、好きでもないくせに!!!
と息を巻いて怒っていた。
嫌いと言った覚えもないし、ずっと一応見てたんですけど~、と小さい声で言ってみたけど。
You are lucky I am on a business trip
私が出張だったからよかったわよ、
と言っていたけれど、出張じゃなかったら、どうなっていたのだろうか。
拉致されてチケットを奪われるとか、そんなことだろうか。

Sex and the Cityがテレビでデビューしたのは1996年。
実はコレ、私がNYに出てきた年でもある。
みた人も多いと思うけれど、最初のシーズンは、あとに比べてずっとオフビートでシニカルな感じだった。
その頃、いっとき、男の子二人と共同生活をしていたことがあったのだが、Sex and the Cityをつけようとするとブーイングにあったものです。
We just don't like to see women talking about sex!
とルームメートの一人が言っていたのが懐かしく思い出されます。
キミ、意外とコンサバなのね~とからかったりして。

というわけで映画版。
いろいろ書いて展開をばらしちゃったりするのは申し訳ないので、あんまり書きませんけど、相当おかしいです。
全体のテーストはメインストリーム寄りになってるけど、笑うツボは満載。
女優にこんなことさせていいの~?というツボも満載。
久しぶりに腹を抱えて笑いました。

でもね、途中、女性を代表して絶望的な気持ちになった瞬間あり。
だってさ~、オトコってどーしてああなの???って。
違う生き物だと思わないとやっていけないわね、やっぱり。
違う生き物と思ってもやっていけない瞬間もあるけど。

映画を見たあとは、出演者とクリエーターのラウンドテーブルに取材しました。
複数のジャーナリストたちで、インタビューされる人を囲む、っていうアレです。
終わってからMに電話したら、
Who is the big bitch and who is a bigger bitch?
と、テレビシリーズのセリフを使って聞いて来た。
さすがファン、である。
ちなみに誰もビッチじゃなかった。
さすがにジャーナリストの集団相手にビッチだったら困りますよね(いるけど、たまに)。
でもね、「友達は多いですか?」とか馬鹿みたいな質問をする人とかいて、ビッチな対応をしていない女優に頭が下がった。

さてさて、話は戻りますが、なぜオトコはSex and the Cityが嫌いか、という話です。
やっぱり仕事もばりばりして、そこそこきれいで、みたいな女優が4人でセックスのことをあーでもない、こーでもない、って話す姿は愉快でないもんかしらん?
でもね、私、嫌いじゃないよ、って言ったら、いが~い、って何度か言われたんだけど、ほんとに心から「よくできてるな~」って思うんです。
セリフまわしとか、展開とか。
Sex and the Cityをびくともせずに見ることができるオトコの人、いないかなあ?

ちなみに、女の子にとったらあれって、いつか白馬の王子さまが迎えにきてくれるっていうおとぎ話と、ものすごくいや~なリアリティの絶妙なミックスなのかも。
希望とげんなり感がかわりばんこにやってくる、みたいな感じ?
だからついつい見てしまうのではないかしら。
その分析、まちがってる?






スポンサーサイト

| 映画/テレビ | 09:54 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

SJP、こんなだった?笑↓

http://abcdane.net/blog/archives/200805/satc_hat_london.html

あ~観たい観たい観たい!!

| ai | 2008/05/15 20:51 | URL | ≫ EDIT

私もこれ笑ったけど、あれ全部、スタイリストさんが決めているらしいですよ。そりゃそうよねえ。
プレミアにあわせてNYにきてみるっつーのはどーかな?

| YS | 2008/05/16 02:01 | URL | ≫ EDIT

SACに一言

多分男はみな征服欲がありますし、そういう意味で、
大和撫子のような淑女が好きなんですね~。
多分欧米の男も同じでしょう。

心と体って、SACに出てくる人ほど強くないと思うけどなあ。

| 嫌悪男 | 2008/08/04 02:37 | URL | ≫ EDIT

男子からのコメント、大歓迎です!
征服欲、なんかわかる気もします。
女子の目から見ると、SATCのキャラクターには弱いところもあるんですが、男子の目にはわかりづらいかもしれないですね。

| YS | 2008/08/04 04:14 | URL | ≫ EDIT

躁鬱気質の女性仲間

SATCのキャラクター、躁鬱気質の女性同士が集まって
色々語り合っているだけのように見えます。

あんな女性ばかりじゃないよなって思っている俺は、
女性に騙されているんでしょうかね(苦笑)

しかし米国人女性だけあってリアクションがでかくて、
大和撫子が好きな俺にとっては、・・・な感じなんですよね。

どうかこの俺に、SATCの良さを教えてください;;(笑)

| 嫌悪男 | 2008/08/23 16:43 | URL | ≫ EDIT

あれだけ女性に人気があるところを見ると、みんな多かれ少なかれ共感するところがあるのでは?とも思いますけれど。
SATCの良さは、男性が普段知らない女性の一面を見られるところ!だと思います。

| YS | 2008/08/26 08:02 | URL | ≫ EDIT

ファッション

例えば、現代の大和撫子って、
ファッションでいうとコンサバ系な女性だと思うのですが、

そういう人達も、SATCの女性達みたいに、
激しい立ち振る舞いをしていますか?

同じ女性のお立場から教えて頂ければ嬉しいです。

人によるとは思うのですけど、
ファッションって人の性格を変えてしまうようにも思うのです。

SATCの女性達は、派手に見えるのですが、
何系なんでしょうか?

| 嫌悪男 | 2008/08/26 23:34 | URL | ≫ EDIT

SATCはあくまでもエンターテイメントなので、そしてファッションが人気の要素であることもあり、女性たちのファッションも誇張されていると思います。
ファッションが人の性格を変えるかはわかりませんけれど、女性の側から女性を観察すると、ファッションの内容と性格って必ずしも一致するものではないのでは?
見た目と違う女性も山ほどいますから。

| YS | 2008/08/27 12:58 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://peoplewatching.blog94.fc2.com/tb.php/139-9bd5eb1f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。