PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ファッションとNAFTAの関係 ~マイケル・バスティアン

昨日、今注目のデザイナー、マイケル・バスティアンに会いに行って来た。
今、NYのメンズシーンで何が起きているか、という取材で。
ファッション関係の仕事は最近めっきり減ったものの、たまにやるととても新鮮です。
そして、ファッションもまた今の世の中の動きと驚くほどリンクしているからおもしろい。

マイケルは、バーグドルフのメンズ部門のファッション・ディレクターからデザイナーに転身した人。
アメリカン・クラシックを、ヨーロッパのクオリティでやろうとしている。
アメリカン・クラシックといえば、70年代からラルフ・ローレンやカルバン・クラインが確立したはいいけれど、アメリカン・ドリームと大量生産主義とmaking everybody happy の幻想のなかで、アイデンティティとクオリティを失ってしまったのだと思う。
そして、そのままずっと最近まで、大御所以外のメンズデザイナーがとんと出てこなかったのだけれど、最近、マイケルをはじめとするぞくぞくと新しい才能が登場して、NYに暮らすものとしては、ちょっぴりうれしいのです。

さて。
マイケルとプロダクションの話をするうちに、なんと話題がNAFTAのことになった。
おぼえていますか?
って、おぼえてないよねえ。
北米自由貿易協定です。
要するに、アメリカとカナダとメキシコをひとつの経済圏と見なして、貿易障壁を減らす、という協定で、発効したのは1993年。

マイケルは、今と同じクオリティが維持できるんだったら、カナダでもメキシコでも行くよ、ということを言ったあとに、こう言った。

NAFTA is such a politically loaded conversation now because people feel it is pulling jobs out of America, but they don't realize: the jobs are gone!!
人々は、NAFTAのせいで雇用が流出していると感じているから、NAFTAは今、政治的にテンションの高い話題になっている(ごめん、まずい訳で)。
でもみんなわかってない、職はもうなくなってしまったんだ

解説すると、自由貿易主義者たちの間では、NAFTAは必要なものだということになっている。3国を経済圏とみると、人口だってEUと並ぶくらいだし、3国の貿易額だってNAFTA以降、3倍近くに伸びたわけです。メキシコの一般市民の暮らしもNAFTA以降よくなっている、という考え方もある。
でもその後テロが起きたこととか、今景気が悪いこととか、製造関係の企業がアメリカの農村部から海外に工場を移していることとか、いろんなことがあって、保護主義者たちの間では、NAFTAは悪なわけです。

そして、これもまた今回の選挙では火種になっている。
オバマは当然のことながら、ヒラリーも、だんなが発効させたNAFAを「過ちだった」と言ったりして。
でもマイケルがいうように、NAFTAがあろうとなかろうと、雇用が安いほうに動くのは自然の流れだから、それを保護しようとしても限りがあると思うのです。
そして、ヒラリーもオバマもそれをわかっていながら、有権者たちが聞きたいことをリップサービスしているような気がしてなりません。
職はなくなってしまったけど、じゃあ、そのあとどうするか、ってことを考えるほうが建設的な気がする。
と、私が言えるのも、マイケルが「もう職はないよ」といえるのも、政治家でないからですけれど、やっぱり本当のことを言う勇気を持ってほしいの、政治家たちに。

そもそも、ファッションに限らず、アメリカのモノ作りは、世界に誇れるようなものでないことが多く、そこに問題があるわけで。
(最近 made in usa の限定モデルが出たレッドウィングのブーツとか、リーバイスのジーンズとか、うまくアメリカ製をブランドにすることに、小さな可能性があるかも)

と、ちょっぴり話は脱線したけれど、まさに、今ホットな話題なわけです。
自由主義対保護主義の戦い。

それにしても、どこの業界であっても、自分が第一線を走りながら、自分の生きる世界より大きいフレームでモノを語れる人に出会うと、刺激をうけます。
自分の生きる世界が唯一の世界だって思っちゃいけないよね、と思いながら帰途についたのでありました。



スポンサーサイト

| ファッション | 23:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://peoplewatching.blog94.fc2.com/tb.php/135-8d7bae47

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。