PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

グリーンカードの代償

最近、一番腹が立った事件といえば、グリーンカード(永住権)申請を担当する移民局のオフィサー(オス、46歳)が、コロンビア人の申請者(女性、22歳)に、グリーンカードと引き換えにセックスを要求していた、という事件。
女性がオフィサーとの会話を録音したテープをNYタイムズに持ち込んだことで発覚した。
NYタイムズがこのオフィサーの写真付きで一面で報じていた

アメリカに住んだことのある人なら、永住権の重みはわかると思う。
特に911以降、どんどんビザをとるのが難しくなって、最近では社会全体が経済的にも文化的にも保守化しているから、さらにやりにくい。
政府がビザの発行数を減らそうとしているうえに、申請数は増えるばかり。
移民局はこれを消化できずに、どんどんファイルがたまっているらしい。
日本人の若者たちからも、ビザ、どうしよう??という話を聞くことが増えてきた。

このアホたれはそんな状況を利用して、ちょっとやっちゃおう、と思ったのだろうか。
面接で申請者のケータイの番号を聞き、その後、彼女を呼び出すことに成功した。
「1回か、2回」のセックスを要求したうえ、その場でフェラチオを強制したらしい。
ちなみにもっとひどいのは、こいつ自身も移民だということ。

私の友人のMは、コロンビア人男性と結婚した。
だんなの永住権を申請するために、彼女自身も移民局での面接なんかに出席した経験がある。
そもそもビザや永住権の面接って、ほとんど尋問みたいだ。
簡単だった~っていう話もたまに聞くけど、多くの場合、威圧的なオフィサーに尋問口調の質問攻めに合う。
愉快でないことこのうえなし、である。

この話題がMとの間で出た。
I was so scared I might have given it to him too.
すっごく怖かったから、私だってあげちゃったかもしれない。

ちなみにit はケータイ番号のことよ。フェラチオじゃないよ。
Mの名誉のために。

アメリカ市民のMでもこんなにびびっちゃうようなもんなのである。
それを利用するとは!!!!
と、久しぶりにむかむかした。

ちなみにこのアホたれはちゃんと逮捕されました。
しかし、こういう事件は、そんなにレアなものでもないらしい。
ビザを申請するみなさん、気を付けましょう。





スポンサーサイト

| 時事 | 13:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://peoplewatching.blog94.fc2.com/tb.php/128-87ca839a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。