PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

保守派の論客がヒラリー支持?

昨日、ラルフ・ネーダーの出馬によって、民主党の票が割れるのが心配、と書いたけれど、保守派(つまり共和党サイド)が、割れに割れている。

きっかけは、マケインの選挙イベントに出席した保守派のラジオショー・ホスト、ビル・カニンガムが、バラク・オバマのミドルネーム「フセイン」を何度も何度も使ったこと。
オバマがイスラム教徒である、という印象を与えようという汚いキャンペーンについては、前にも書いたと思うけれど、ここへきて、またこのくだらない戦略がしつこく使われている。
ほんとにバカなんだけど、マケインがその汚い戦略に反対したために、カニンガムが怒り、保守派サイドも泥沼化している。

カニンガムのコメント。
I've had it up to here with John McCain.
I'm joining Ann Coulter in supporting Hillary Rodham Clinton.
"have it up to here"というのは、もうがまんがならん、みたいなニュアンスです。

そもそもマケインは、ばりばりの保守派には人気がない。
これまで移民を受け入れる立場をとっているし、ときには民主党とも協力しちゃうから。
ところが、ロムニーは人気が出ないままドロップアウトしちゃったし、ハッカビーは極端すぎるうえに、知名度が低い。
ばりばりの保守派のみなさんは、行き場をなくしてしまった。
というわけで、ヒラリー支持。
大嫌いだったはずなのにな。
もうぐちゃぐちゃである。

従来の支持政党と離れた投票行為に出る人が増えることは良いことのような気がする。
しかし、さらに先が見えない展開になってきた。
これからもどんどん個人攻撃が続き、このままどんどん泥沼化するんだろうか。
だんだん見ているだけで嫌になってきました。



スポンサーサイト

| 政治 | 15:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://peoplewatching.blog94.fc2.com/tb.php/117-fbbbcbd8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。