PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Rワードの恐怖

ここ数日、急にテレビや新聞でも「Rワード」が取り上げられるようになっている。
Rワードは、リセッションです。
NY株式市場がすごいことになっているから。
どのくらいすごいことかは、日本でもきっと騒がれているだろうけど、ちょっとあげてぐんと下げる、もっと下げる、の繰り返しである。
昨年末から10%近く下げてる。すごいことである。

ちなみに、これまでもNワードのことを書いたことがあったけど、~ワード、と頭文字に「ワード」をつけて言う言葉は、だいたいにおいて、口にするのもおそろしいコンセプトであることが多いような気がする。
あ、でもMワード、というのもあります。marriageですよ。
これだって別の意味で恐ろしいコンセプトであるからに。

もちろん株価だけで、経済全体の評価を決めることはできないし、リセッションの定義は2四半期連続で国内総生産がマイナスになることだから、リセッションかどうかが本当にわかるまではまだ時間がかかる。
とはいっても、ビジネスニュースに良い材料がものすごく少ないので、みんなびくびくしてるんですね、きっと。

というわけで、最近とみに影の薄い男、ジョージがなんとかしようとしている。
今日は、総額1400~1500億ドル相当の景気対策を発表した。
詳しいことはわかっていないけれど、どうやら所得税の一部を返してくれるらしい。
その金額は、一納税者につき600ドルとか800ドルとか言われている。
家族がいるともっと多い可能性もあるらしい。

そういえば、前にもそんなことがあったなあ、と考えてみたのだけれど、911の後に、300ドルの小切手がきたんだった。
返してもらった税金で、国民がお買い物をすれば、消費にはずみがつき、景気が停滞するのを防げるのでは、というコンセプトだった。
もちろんもらえるものはもらったし、確かに家計の足しにはなるだろうけれど、こんなことが景気が救えるんだろうか、って思ったもんだった。
だって300ドルだよ?
しかも、その全米にすると莫大なお金はどこかから捻出しないといけないわけです。

そしたら今度はさらに額が大きくなるらしい。
困っている人にも、困っていない億万長者にも同様に一律の額がバックされるわけだ。
ジョージは、このお金を
shot in the arm
つまり、カンフル剤
と呼んだ。確かに、家計の足しにはなるだろう、しつこいようだけれど。
だけど、財政赤字がどんどん膨らむこの状態をどうするつもりなんだろう。
そんなお金があるんだったら、健康保険、なんとかしてくれよ。
ああ、心配。



スポンサーサイト

| ビジネス/金融 | 11:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://peoplewatching.blog94.fc2.com/tb.php/109-c0ace4b6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。