2009年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年02月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

米アート業界の「ゲーム・チェンジャー」

昨日、ツイッターにも書いたのだけれど、ダイチ・プロジェクツのギャラリスト、ジェフリー・ダイチ氏が、ロサンゼルス現代美術館のディレクターに就任する、というニュースがアート業界を駆け回った。
一人で家にいたのに、声をあげて騒いでしまった。

アート好きな人ならわかると思うけれど、同じアートを見せる場所とはいえ、ミュージアムとギャラリーでは、起源も運営の仕方も、存在意義も違うわけで、「NYのイケてるギャラリスト代表」みたいな存在だったダイチ氏が、公的資金で運営される美術館のディレクターになる、というのは、大ニュースなのです。

ちなみに、“ニューヨーク・マガジン”の評論家ジェリー・サルツ氏は、ダイチ氏のディレクター就任を「ゲーム・チェンジャー」と書いている。
ロサンゼルス・タイムスの記事は、「Why does the Museum of Contemporary Art’s board of trustees dislike art museums(なぜロサンゼルス現代美術館の役員たちは、美術館を嫌うのか?)」と疑問を投げかけている。
ま、反応を書き連ねるとキリがないのだが、アート系のブログを読んでいても、「それっておかしくない?」とか「利害の衝突じゃん」というような反応が多い気がする。

今日、たまたまギャラリストで音楽もやっている、という友達とご飯を食べた。
そのときに、ダイチの話題はさておき、音楽業界とアート界、ファッション業界で、商業主義が一番汚いのはどこか、という話題になった。
「まあ、どこもそんなに変わらないんじゃないか」というようなことを言っていたら、でもやっぱりアート界は、商業主義だけじゃないと思うんだよねー、と彼女が言った。
でも、ダイチが現代美術館のディレクターになっちゃう世の中なんだよ?
と私が言ったところ、彼女は、
「そうはいっても、お金にならないアートを発表できる場(たとえば売ることのできないインスタレーションとか)もあるし、お金と関係のないところでアートを振興しようと日々努力している公的機関はまだまだあると思うんだよね」。
と、しばらく議論してみたのだが、もちろん結論なんか出るはずもなく、この問題については、もう一度お互い考えて、また後日話し合おう、ということで今日はお開きになった。

というわけで、ダイチ氏が、ミュージアムとアート商売の間にあった境界を超えた今、何がどう変わって行くのかとても気になります。
アートやファッション、プロダクト、デザインといった違う分野の間にあった境界線がどんどん薄くなって久しいし(特にニューヨークみたいな場所に住んでいると、それをひしひし肌で感じる)、それによって良いこともあるし、悪いこともある。
でもやっぱり、変わらないべきものもあると思うのです。
ダイチ氏の就任は、もう決まってしまったことなので今さら誰が何を言ってもしょうがないが、ミュージアムはアートを購入できない一般市民のためにある、というコンセプトが変わらないといいなと思います。
スポンサーサイト

| アート | 12:07 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あけおめ+オバマまる1年を控えて


あけまして、って遅いか。
遅いですよね。

断食/山ごもりで新年を迎えた去年とうってかわって、ニューヨークでたまった雑事を片付けながら新年迎えちゃうよ、と思っていたのに、年末に風邪をひいてしまい、それでも宴会などに顔を出し続けたのがたたって、年始早々寝込んでしまった。
というわけで、たとえば精算を全部終える、とか、自分プロジェクトの原稿を書き上げる、とか、いらないモノを救世軍の施設に持って行く、とか、やることリストをひきずったまま新年に突入。

昨日くらいからようやく調子はもどってきたものの、気がついたら仕事はじめの波にのまれ、夜になってからこっそり「去年の反省は~」とか「今年の目標は~」とか考えているくらいの遅れっぷりです。
ま、去年は出足が順調だったわりには、とろとろしてしまった部分もあり、出先につまづいたからといって、悪い年になるとはかぎらないのさ、と勝手に思っています。

と話はそれましたが、今年は、私、アメリカ在住15年めになります。
年賀状にも書いたのだが、これだけ長く住んでいる間に、いろんなことが起きて、まあもちろん楽しいこともあれば、イヤなこともあるわけで、でも「もう飽きた」となるには至っていない。
というわけで、今年も独断と偏見に満ちた私の見るアメリカを伝えていきたいと思います。
よろしくお願いします。

で、気がついたらオバマ政権もあとちょっとでまる1年を迎えることになります。
はあああああ。
支持率は下がる一方、っていうと大げさかもしれないけれど、下がっている。
結局アフガニスタンとイラクの「戦争」は続いているし、最近のテロ未遂事件で右派につけ込まれる隙ができてしまった。
選挙のときの大きな争点の一つだった医療改革も、法案成立に向けて折衝がはじまったけれど、今の時点で上下院で通った案を見ても、コストが大きいわりには医薬業界や保険業界に対する規制は大したことないし、オバマが掲げた理想の跡形もないようなものになってしまっているのです(あ、これ、もちろん、私見ですけど)。
議会がアホだから、と言ってしまえばそれまでだが、オバマに投票した有権者を遠ざけているうえに、大きな政府に反対するいわゆる「ティー・パーティー・ムーブメント」がどんどん追い風にのっちゃっているのである。
(ちなみにNYタイムズのデビッド・ブルックスも今日、これを話題にしていた
はあ、先行きくらい感じ。

先日、仲よしのアメリカ人男性と議論になった。
彼は、白人のインテリであるが「かぎりなくオバマの思想に近い」と自他ともに認めるタイプである。
医療改革は「大成果だ」というから、「いやいや、そうはいえないでしょ」と言ったら、まあ議論になったわけである。
私が「みんなをハッピーにしようとするあまり理想とかけ離れた」と思っていることを、彼は「理想を貫いて何も達成できないよりはよっぽどいい」と思っている。
ま、ようは考え方の違いである。
「僕は、オバマと一緒で現実主義者だからね」
というのを聞いて、まさにその現実主義がオバマの悲劇ではないか、と思ったのでした。
頭はいいし、プラグマティストだから、「できるところから方式」でせめていくのだが、あっちを立て、こっちを立てるうちに、理想からどんどんかけ離れていくのである。
「君の言ってることはわかるけど、そんなやり方だったら、法案なんか成立しないよ」と友人は言ったけれど、私は、あれだけの支持を得て選挙に勝ったんだから、ブルドーザー方式でも良かったのに、って思ってしまう。
(ちなみにこの議論は、そのあと延々続き、「君のいってることはラディカルすぎて、ニューヨークのようなところに住んでる人間のいうことじゃないよ」→「じゃあ、システムに反対するためには洞穴にでも住めばいいっていうの?」と一瞬感情的な展開を見せたが、最後には、ああ、おもしろかったねと落ち着いたのでした。)

アル・ゴアやジョン・ケリーが選挙に負けたときもそうだったのだが、政治って、あれ?って思っている間に風向きが急にかわったりする。
おいおい、と思っているうちにどんどん手遅れになっていくのである。
今、まさにそんな空気感が漂っている気がする。
そして、任期が残り3年といっても、また選挙が近づくと何も進まなくなるわけなので、早くなんとかしないと手遅れになるよ、と思う。
理想主義っていうと、夢ばっかりみて現実を見ないというように聞こえるけれど、夢を売って当選したんだからな、責任もってくれよ、と思うのである。







| たまには日記 | 09:05 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

2009年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年02月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。