PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

恋愛と「平等」のフクザツ

日本の女性が離婚後、6か月しないと再婚できないことを定めた民法733条の規定について、国連女性差別撤廃委員会が撤廃を勧告したというニュースをちょっと前に読んだのだけれど、それについての世論調査リンクを友達が送ってくれた。
(ちなみに、「女子だけ」制限の理由は、子供ができた場合、誰が父親からわからなくなってしまう、ということのようです)。



「撤廃したほうがいい」という答えと「撤廃しなくてもいい」という答えが、ものすごく僅差なのだが、「撤廃しなくてもいい」の理由は、
ー他国にあれこれいわれたくない
ー半年くらいがまんしろ
がほとんど。
「半年くらいがまんしろ」派には、「差別というなら、男にも制限をつけろ」という意見も多かった。

「撤廃すると、どこぞの国みたいになってしまうぞ」的な意見もあるようだけれど、ちなみに、離婚が多い、というイメージの強いアメリカでは(実際に離婚は多いのだが)、結婚/離婚についての法律は、州によって違うのです。
ニューヨークでは、離婚が成立してしまえばすぐにでも結婚できる。
が、離婚するのは実はけっこう大変で、暴力、浮気、結婚関係の放棄(セックスレスもこれに入る)を含む理由以外で離婚したい場合は、12ヶ月の別居期間をもうけないといけないことになっている(一応、法的な抜け道はあるのだが)。

それはさておき、恋愛における「平等」のコンセプトはとても複雑である。
先日、友達R(男子、アメリカ人、30代、アーティスト)がうちに遊びにきて泊って行った。
ヤツは彼女と別れたばかりで、数年ぶりに、シングルになった。
才能のあるアーティストなのだけれど、インスタレーションばかりをやっているので、あまりお金はない。
そして、いつも自分がぎりぎり生活するのに必要なお金さえあればいいと思ってきた。
しかも、これまで付き合ってきた女の子は、「自分の面倒は自分で見れるわ」タイプの強い女子たち。

ところが。
将来を考えていたはずの彼女と別れ、さらにその彼女が、わりと裕福な男性と付き合いだしたもんだから、いろんなことに疑問を持ち始めてしまったR。
「気に入った女の子をデートに誘うときは、支払いは僕がするんだよね?」
と、お前ほんとに30代か、というような質問をしてくる。
しょうがないので、
「そうだね、デートに誘ったときは、男が払うという暗黙のルールがあるみたいだね」と母のような気分でいう私。

その次にヤツが言った言葉が衝撃的だった。
「若いとき、デート代を男が持つっていうルールは不公平だと思ってきたけれど、今はなんかわかる気がする。デート代を男が支払う行為って、『僕は君と赤ちゃんを作れますよ』というジェスチャーなんだよね~」
だって。
「It is all about making babies」
と恐ろしいことをいうのです。
純粋無垢にアートばかりを作ってきた男子が、お金の意味に気がついてしまった瞬間。

好きな女の子と結婚して、子供を持ちたいから、アート以外の仕事をすることも考えようかな、だって。
「そのままでも好きって言ってくれる女の子がきっとあらわれるよ」なんて、気休めをいいつつ、なんか、男子って切ない、って思っちゃった。
女子もいろいろ大変だけど、男子もいろいろ大変なのよねー。
やっぱり、恋愛における「平等」のコンセプトは複雑である。







スポンサーサイト

| 番外編 | 06:09 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

racial profilingとジャパ専問題

この間、ちらりと書いたハーバード大学の黒人の教授(ヘンリー・ルイス・ゲイツ教授)が、自宅なのに強盗と間違えられて逮捕された事件は、その後も尾をひいていて、やっぱり人種問題は、この国の抱える一番大きい痛みなのかなと思ったりする。

あまりにこの件についての報道やコラムが多いので、逐一読んでいるわけではないのだが、カギは、「黒人だったから逮捕されてしまったのかどうか」という点で、またもや「racial profiling」という言葉をよく見かけるようになった。
アルクの辞書にはこう書いてある。
「人種的分析{じんしゅ てき ぶんせき}◆犯罪捜査に際して、容疑者像の絞り込みに人種的要素を加味すること」
つまり、黒人、ヒスパニックだから、悪いことをしているに違いないとか、アラブ系だから、反米思想を持っているに違いないとか、そういうことである。
昔から黒人は圧倒的に、「racial profiling」の対象になってきた。
ヒスパニックもターゲットになりがちだし、911以降は、アラブ系の外見の人たちがターゲットになるようになったりして。
そう思うと、アジア人の女性である自分は基本的にノーマークなわけである。

こんな問題について考えているうちに、はて、なんか似たようなことないか、なんて思ってしまった。
それは、最近、とみに私の周りの日本女子の間で話題になっている「ジャパ専/アジ専」問題である。

ニューヨークで(またはアメリカで)シングル女性をやっていると、「ジャパ専/アジ専」と遭遇することがある。
バーとかで、どこからともなくあらわれて「コンニチワ!」とかいう類の輩である。
さらに、日本文化を理解していると思っている男が多いのでタチが悪い。
英語では、「Japanese only」 「Asian only」と呼んでいます。
(もちろん、アジア人女性とつき合っていて、このカテゴリーに入らない男もたくさんいるけど)

こういう男たちをきもいと思ってしまうのは、間違いなんだろうか、とずっと思ってきた。
しかも、この手の男子を、非アジア人男性の前でこきおろすと、必ず反撃にあうのです。
「そんな浅い男にひっかかる女も悪い!」
「日本人女子にも、アジア人女子にも、いるだろーが、白人としかデートしないやつらが!」
ということになってしまうのである。

そういう反撃にあうたびに、なんか納得いかない気持ちをもちながらも、うまい反論が出てこなかったために、まあ、そりゃあそーなんですけどね、なんてもごもご言っていたのだが、こりゃあもしかして、「racial profiling」と一緒じゃないか、ということに気がついた。
ジャパ専、アジ専の男子が選びがちな女の子には、タイプがある。
とにかくにこにこしていて、口数は少なく、男の横でひたすら相づちをうったりするようなタイプである。
ってことは、これだって一種の人種のステレオタイプではないですか。
そう思ったら、ジャパ専、アジ専を、間違ってる、と思ってしまう自分を許せるような気がしてきた。

もちろん、「racial profiling」は深刻な問題である。
勤務時間外の黒人の警官が、勤務中の警官に間違えて撃たれてしまう、なんて事件もある。
そういうことに比べたら、私たちが、外で、「コンニチワ!」とか言われて腹を立てていることなんて、屁でもない。
が、本質的には、同じところからきているような気がする。
次に反撃にあったら、この手で反論してやろうと思います。

| 番外編 | 09:43 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

35歳は人生の分岐点か

GQ JAPAN 2009年 09月号 [雑誌]GQ JAPAN 2009年 09月号 [雑誌]
(2009/07/24)
不明

商品詳細を見る


なんか、がらっと変わりましたね、GQ。
編集長さんが代わったからかしらん。

ちなみに「アメリカ自家中毒」というタイトルのコラムが始まりました。
よかったら読んでください。
第1回めはちょっと真面目なトーンで書きすぎたかな、とちょっと反省。
ちなみにテーマは、麻薬合法化の議論の話です。
アメリカの話とはいえ、そして客観的な話とはいえ、こういうことを書かせてくれる紙媒体は貴重である。

そして「35歳からの大疑問」という特集を、ついなめるように読んでしまった。
36歳としては。

35歳は、もしかして男の人生におけるひとつの大きな分岐点なのかもしれない。
が、女子の場合は、分岐点は30代前半なような気がする。
だって、周りを見回してみると、もうすでにハッピーな人と、アンハッピーな人と、わりとはっきり分かれているような気がするから。

私が客観的に周りを見回してみて、「お、究極の勝ち組」(っていう言い方はもう死語ですか)と思う女子がいる。
日本人にも、アメリカ人にも。
そして、それはきっと、世の中的に言われている「勝ち組」の定義とはかなり違うと思うのだけれど、彼女たちの共通点は、情熱をもてる仕事をしていて、幸せな結婚生活、または恋人生活を送っている、ということ。
彼女たちがそんな人生を勝ち得た理由として、根本的に生き方を見てみたときの共通点は、
ー好きなことをしている
ーイヤなことはしない(アンハッピーになりそうなネタが登場したときには、がっつり取り除く。あっという間に)
というしごく単純なことだったりする。
(男の子の場合は、きっとここまで単純にはいかないのかもしれないけれど)
もちろん人生なわけだから、山あり谷ありだと思う。
が、何が自分をハッピーにして、何が自分を不幸にするか、はっきりとわかっているから、必要以上に複雑な状況には陥らない。
だからいつもいきいきしていて、見ていると気持ちがいいし、刺激になる。

そして、その生き方の分かれ道は、気がつかない間に、30代前半にきていたような気がする。
もちろん、今後、逆転の可能性はいくらでもあるとは思うのだけれど、若いとき、大人がそうやって教えてくれてればなー、なんて思ったりする。
30代前半がそんなに大切な時期だったってことを。
誰も教えてくれなかったよ、そんなこと。

なーんて話を、女友達としていたら、「ハッピーになる条件はもうひとつあると思う」と言う。
なーに、なーに?というと
「他人と自分を比べないこと」
あ、確かに。
ハッピーな人は、優越感や劣等感と無縁。
だって他人と比べても何も生み出さないし。

そういえば、去年の今頃、同じことを違う言葉で教えてくれたドライバーさんがいたんだった。
つらつら考えるうちに、そんなことまで思い出したりして。

と、宣伝のつもりが、考えながら書いていたら、自己啓発ブログみたいになってきた。
やめます、このへんで。

| 番外編 | 08:20 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

番外編:ミクシー/フェイスブックの副産物

数日前、ミクシーから送られてきたメールを見てはっとなった。
「もうすぐ~さんのお誕生日です」と書いてある。
もうすぐお誕生日を迎えるのは、2年ほど前に亡くなったお友達のコーキさん。
当たり前かもしれないが、彼が亡くなってからも、彼のミクシーページはまだ生きている。

コーキさんは、学生時代によく通っていた居酒屋のマスターだった。
ものすごくかわいがってもらったのに、海外に出てからは、しばらく足が遠のいていた。
何年も経ってから、ミクシーで再びつながってから、帰国の際に、2度会った。
実家が何度も引っ越しをしたために、「故郷」がない私にとっては、帰るとそこにいてくれるコーキさんは、貴重な人だった。

と、話はちょっとそれたけれど、最近のミクシーは微妙である。
「平和なデジタルコミュニティ」だったはずが、最近は、コミュで叩き合いが起きているのをよく目撃するし、トーンが変わってきたと思うのは私だけではないと思う。
フェイスブックを導入して、いろんな情報が入ってくるようになったし、連絡も便利になったけれど、フェイスブックを使うことが前提条件の世の中になりつつあるのが恐ろしい。
けれど、自分が明日死んだら、ミクシーとか、フェイスブックとか、そのままになっていくのだろうと思ったらちょっと不思議な気持ちになった。
一般人が事件に巻き込まれたときに、マスコミが「人となり」を報道するのに、フェイスブックを使う場面は多々みたが、残された側からすると、いなくなってしまった人の日記に戻れる、という素敵な副産物があったとは。
あんまりバカなことは書かないようにしよっと。

というわけで、久しぶりにコーキさんのページにおじゃました。
「一日千回見てください! 」というコメントとともに、Youtubeのリンクが張ってある。
亡くなったあとに初めて気がついて、泣いてしまったビデオ
興味がある方はどうぞ。




| 番外編 | 01:14 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アメリカ人草食系男子

日本語メディアで「草食系」という言葉を目にするたびに、他人事のような気がしていたが、よくよく考えてみると、私の周りに生息するアメリカ人男子の半分くらいは、「草食系」だということに気がついた。

アメリカ人男子の草食系の特徴はこんな感じ。
ー肉を食べることを好まない。
ー森のなかを歩き回ったりするのが好き。
ーアートを作ったり、音楽を演奏したりするのは好きだけど、お金を稼いだりするのはいまひとつ苦手。
ー理想の朝の過ごし方は、瞑想、またはヨガ。
ー下ネタはどちらかというと苦手。恋愛に対してはとても真剣でピュア。
ー料理がめっちゃうまい。

この手の草食系男子と話をしていると、宇宙人と話しているような気持ちになる。
極端なケースになると、ポークのことを「ピッグ」と言ったり、チキンのことを「バード」と言ったりする男子もいて、ステーキ好きですけど、すいません、みたいな申し訳ない気持ちになったり。

不思議なことに、この手のアメリカ人草食系男子は、女の子もアルコールもドラッグも大好きという肉食系男子とつるんでいることが多い。
肉食男子と草食男子が話をしているのをみると、何話してるんだろう?と気になる。
アメリカ人草食男子の生態があまりに気になるので、草食系の友人をたくさん持っている肉食系男子をつかまえて聞いてみた。
あの宇宙人みたいな男子たち、どうなわけ?って。

そうしたら、「あいつら、昔からああだったわけじゃないぜ」という答えが返ってきた。
アルコールやドラッグを激しく消費していた時代もあるし、女の子をとっかえひっかえしていた時代もあったんだよ、って。
30過ぎてから、ピュア化が始まったのだという。
そして今はすっかり草食系を通り越して宇宙人。
女子に言わせると、毒がなさすぎて、魅力も希薄な感じである。
何が起きて、今のような状態になっているのかはわからない。
いずれにしても、日本の「草食系」とはちょっと違うみたいですね。
もうちょっとこのまま観察を続けてみようと思います。

最後に宣伝。



GQの最新号で、リチャード・ギアにインタビューしました。
マスコミ嫌いで有名なので、どきどきしながらだったけど、とっても感じがよくてびっくり。
インタビューは、?新作「HACHI 約束の犬」について。
シニカルな私としては、動物をつかった「ちょっといい話」というと、ずるい、と思ってしまうのだが、犬に対してとても真摯な作り方をしているので感心した。
詳しくはインタビューをご覧ください。



| 番外編 | 08:10 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

冷戦下のスパイと“オルガ・テスト”

ちょっと前に病院で、ドクターと雑談するチャンスがあった。
白人で年の頃は40歳くらい?
がっちりした体型のちょっといい男。
おしゃべりが好きそうな感じだったので、前から気になっていたことを聞いてみた。
病院で記入させられる問診票。
必ず「麻薬をたしなんだことはありますか?」という質問があるのだけれど、あれってみんな正直に書くもの?

「正直に書く人も多いけれど、病気に直接関係がない場合は書かないほうがいいんだよね。政府が医療記録をチェックすることもあるし」
?????
それは、プライバシーで守られているのでは?
「法的にはそういうことになっているけれど、政府が医療記録に触らないことはないとは言えないんだ」
がーん。
ところで、なんでそんなことを知っているのですか?
「僕、政府で働いてたことあるんだよね、諜報部門だったんだけど」
ってことはCIA?
「ま、それは想像にまかせるけど」
なんで辞めちゃったの?
「“オルガ・テスト”にひっかかったんだ」

“オルガ・テスト”とは、養成中のスパイに、美しいブロンドの女性を差し向けて、ひっかかるかどうかを試すテストなんだそうな。
「冷戦中、ソ連がアメリカに対して持っていた最大の武器は、美しいロシア人女性だったんだ。ものすごい数のアメリカ人スパイが、女性の魅力にやられちゃったんだよ」
それって、ジェームス・ボンドみたいじゃん!
このドクターは、「オルガ・テスト」にひっかかり、デスクジョブをオファーされたのだが、現場のスパイになれないんだったらつまらない、とメディカルスクールに行き直したのだという。

“オルガ・テスト”はまだやってるんでしょうかねえ?
「どうだろう、今のアメリカの敵はまったく違うタイプだからねえ」

もっともっと聞きたいことはあったのに、雑談はそのあたりで終わってしまった。
目下最大の敵がテロリズムだとすると、別のテストが行われてるのかもしれない。
なんて考えながら病院を後にしてはっとなった。
もしかして、私、ものすごくお話のうまいドクターにだまされてたりして???



| 番外編 | 04:44 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アメリカの旅、完結?



去年の夏、アメリカをぐるりとまわった旅の記事が、雑誌「コヨーテ」でようやく形になりました。
恐れ多くも、ロバート・フランクへのトリビュート。
タイトルは「巨大な世界の小さな震え TWENTY AMERICANS」。
ちなみに表紙は、ホンマタカシさんがワシントンで撮ったロバート・フランクの写真です。

旅に出る前には、「何かが変わるかもしれないから、その前のアメリカを見たい」と思い、旅をしていたときには、「やっぱり黒人が大統領になるなんてありえないのかな」と思い、そしてオバマが大統領になったはいいけれど、今世の中がこんなことになっているわけで、自分の旅が、自分のなかで何を意味するのか、きちんと消化できるようになるまで、まだちょっぴり時間がかかりそうである。
それでも、私のアメリカに対するオブセッションは、これでちょっと落ち着いたかもしれません。




| 番外編 | 11:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あけましておめでとうございます

happynewyear2009 copy

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

と、つい挨拶をしてしまったけれど、実は、旧年中におじいさんが亡くなったので、喪中ということになっています。
というわけで、今年は年賀状は失礼している。
ネットでのご挨拶もカウントされちゃうのだろうか。
圏外だといいな。
うちのおじいさんなら、許してくれるだろうと勝手に思う。

毎年、元旦以外は普通に仕事をしていることが多いのですが、今年は暦の組み合わせによって、クリスマスあけくらいからまったくコトが進まなくなっている。
景気が悪いこととあいまって、5日くらいまで休みにしている会社がニューヨークでも多いらしい。
というわけで、私も、取材が始まるのは7日から。
軽いウツを引きずったまま新年に突入するのはなんだし、吹っ切るためにはよっぽどドラスティックなことをしないと、と数日前から山ごもりを敢行しています。
お友達が、ニューヨーク州北部の山のなかに所有するお家を使わせていただいている。
ありがたいことである。
お家の持ち主は、カリフォルニアに行ってしまったので、私一人。
今日は雪がたくさん降ったので、とても静かである。

夏のアメリカ一周旅の原稿を書く、というミッションに加え、こんなふうに一人になることもなかなかないので、それを利用して、断食/腸内洗浄を決行しています。
2日も経つと、おなかがすいたともあまり思わなくなってくるのも不思議である。
カフェイン、食べものと、ニコチンと、常用的に摂取しているモノをすべてやめているのだが、一気にやっているからか、個々のアイテムにそれほど気をとられないし、気分も爽快。
いつまで続くかが見物であります。

一つの難点は、やっぱりまだ、集中力が切れやすいこと。
すぐにぼーっとしてくるので、そのたびに体を動かしたり、シャワーを浴びたり、気をそらすために工夫が必要。
気晴らしのために、到着したばかりの雑誌をひっつかんできたのはいいのだが、ニューヨーク誌なんて、「Where to Eat」特集だし、電話をかけてきた友達がモノを食べているのに反応したり、そんなエピソードはありつつも、ちょっとずつ楽になってきた。

と、あけましての挨拶のつもりが、つい断食日記になってしまった。
外界との接触がほとんどないということで、多めにみてください。

| 番外編 | 14:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

メキシコからの便り

方向感を失っている今日この頃。
最近、ニューヨークからインスピレーションも受けないし、気分は暗いし、どうしたものだろうか、と思っているときに(心配をしてくれたみなさん、ありがとう)、ベネズエラで一度一緒に仕事をしたことのあるフォトグラファー、Leslie Mazockがメールをくれた。
しばらく追いかけていたプロジェクトが形になったという。



写真と音声を組み合わせたプロジェクト、なかなか素敵である。

これをクリックするととびますよ、というやり方がわからないため、見たい人はここをクリックしてください。

彼女は、某通信社でスタッフフォトグラファーをしていたのだが、フォトエディターの職を得て、1年くらい前にメキシコに移った素敵な人である。
現場のカメラマンから、内勤になったことで、いろんな人に、きみはそれでいいのか、なんて言われたらしい。
それでも、自分の自由時間や休みを使って、自分の情熱を追いかけている。
頭が下がります。
メールに返信をして、がんばってるね、と声をかけたら、メキシコは、インスピレーションの宝庫なの、というコメントが返ってきた。

遠くに住んでいる人が、こうやってがんばっている、と知るのはとてもうれしいことである。
そもそも、自分の内面にインスピレーションを見つける、ということが苦手な私は、こうやって、がんばっている人にインスピレーションを受けるしかないらしい。
そんな私でも、よし、がんばるぞ、という気持ちになった。
ありがとう、レズリー。

| 番外編 | 06:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お友達のウェブマガジン

お友達のヘアさんであるKenshin さんがウェブマガジンを始めました。

ピクチャ 1

私の個人的なイチオシは、social というカテゴリー。
アングルが新鮮だし、読み物としてもおもしろいのです。

ちなみに私は、インタビューに参加させていただいた。
誰でもいいよ、というやさしいお言葉に甘えて、往年のパンクロッカーにインタビューしました。
マニアックだけれども、普通の仕事と違うからこそできること。
もしよかったら見て下さい。

これから、どんな展開になっていくのかとても楽しみ。
私も、どんどん参加させてもらおうと思っています。

| 番外編 | 02:13 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。